新着Pick
307Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本では幼稚園までが殆どのモンテッソーリ教育ですが、欧米では小中高(主に小中)も数多く存在します。日本で数少ない幼小中一環のモンテッソーリ教育を行うインターナショナルスクールの取材に協力させて頂きました。

子どもが自ら学ぶ力や数を体感する力をどの様にはぐくんでいるか、多くの方に知っていただきたいです。
一時子供がモンテッソーリのプリスクールに通いました。
子供をお世話する、でなく「意思ある人間」として接する。

ああこのまま通えば「右向け右」「前に倣え」の日本の小学校には全く馴染めないが自律的な人になるだろうと思いました。

仕事と開園時間が合わずに日本流の保育園に転園しましたが集団行動、見て真似る、なぞらえるではない教育をどこかで受けさせたいと考えています。
「独立自尊」の精神が育まれますね。

従来の日本の教育では、意味もわからないで、記憶するだけがほとんど。なぜ?という疑問すら持たせない。

そんな教育を受けてきた人たちに、大人になってから自分で考えろと言っても無理。モンテッソーリ教育を受けてきた人たちとは雲泥の差。

自他の尊厳を守り、何事も自分の判断・責任のもとに行うこと、つまり独立自尊。日本でも大切だと言われてきた精神が、モンテッソーリ教育で養われます。

ジェフ・ベゾスやラリー・ペイジ、そして藤井聡太七段が受けた教育だから良いと短絡的に考えて、我が子にモンテッソーリ教育を受けさせない。好奇心を膨らませ、この教育の本当の価値を自分なりに考えてみる。そこから始めましょう。
五感を通して自由に感じることや学ぶこと、自分の意思で選ぶ幼児教育って、一番実施されていないように感じます、
文科省のガイドラインでは、子供には自由に遊ばせるようにという指導になっているそうですが、実際は、幼児のころから何かと色々と詰め込んでいるご両親が多いと感じます。
子供の将来のことを思って、小さい頃から色々と学ばせたい気持ちも分かります。
だからこそ、自分で生きていくための能力を身につけるために一番効果が高い教育方法に関して、もっと国としても研究成果を公表していき、一般家庭で取り入れられるようにしていくべきではないかと思います。
幼少期の体験によって感じた自発的な興味や感情の衝撃はいつまでたっても価値観の根元に残ります。
大人になってからのそれとはまた異なります。
親や先生ではなく自分の人生なんだ、ということが当たり前に感じられるような状況をつくることが大切だと思います。
日本の教育では天才は育たないと思いたくない。そう願いながら取材しました。
モンテッソーリ教育は独立心を養えることや、能動的に活動する傾向を構築できるとのことです。これらはまさに今の日本の学業に欠けている要素かと思われますので、非常に魅力的な教育に感じます。

ただ、どこでも学べるわけではなく、それなりに限定された場所で学べぶ教育のようです。最近様々な教育手法が目立ってきて、魅力的な教育は沢山あるのですが、なかなか学ぶ機会に恵まれないケースが多いのが悔やまれます。特殊な施設や特殊な機材などを使わずに、過程でも優れた教育を手軽に学べる仕組みが浸透すると良いのですが・・・。
なんやかんや親が口だしたりするから、伸び伸びと育たなくなる。子どもの意思を尊重して興味関心を育ててあげること。それだけでしょ。
外発動機より内発動機の方が伸びる...頭ではわかっていますが、感情に支配されることから逃れられない人類にとっては、実現が難しい課題ですね。

特に、親子の間だと、本当に感情がいろいろな邪魔をしますよね...
株式会社フジ・メディア・ホールディングス(英語: FUJI MEDIA HOLDINGS, INC.)は、日本のメディア・コングロマリットであるフジサンケイグループの事業を統括する持株会社であり、日本で初めての認定放送持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3,653 億円

業績