新着Pick
352Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
隊列走行は、後続トラックの無人化という大きな目標がある一方で、空気抵抗の低減によるトラックのエネルギー効率向上が大きな意味を持ちます。
むしろ、エネルギー効率向上の方がインパクトを持っていたりします。

無人化が可能になる前に実現される技術のはず。
隊列走行については以下に書きました!

新・モビリティビジネス論[隊列走行トラックは物流の起爆剤]|阿蘓将也/Deep4Drive代表/自動運転の最新動向がわかるようになるノート @MasayaASO|note(ノート)https://note.mu/masayaaso/n/nef067764a2fd
今年の初めにニュースがあったと思いますが,どこが違うのか.おそらく,新東名という公道で実験したことだろう.
総務省の委託研究.
車間制御を行っている.

ちなみに,隊列走行に関する研究のまとめは以下.
https://newspicks.com/news/3910069?ref=user_2112738
最も進んでいるのは経済産業省の助成金を受けて新東名で実験を行っている豊田通商.
https://lnews.jp/2019/06/l0607303.html

ちなみに,日本におけるトラックの自動運転・隊列走行の研究の歴史は世間で知られているより長い.
昔からあった自動車の自動運転の研究.長く,公道で実車を使った自動運転の研究の術を探していました.2000年代になると省エネが注目されていたことから,自動運転で省エネを達成するいう目的で,NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の「エネルギーITS推進事業」のなかで「自動運転・隊列走行に向けた研究開発」を,2008年度から2012年度までの5年間に行いました.この成果を踏まえて,政府の成長戦略の一つとして,トラックの自動運転が挙がっています.
自動運転の実用化は隊列走行から始まり,その実用化において日本は世界で最も早いはずです.
トラック隊列走行って、思ったより車間開けるんですね。実験だからかな?

以前、みちびき衛星を使った、自動運転の実験で、無人隊列走行のデモをみたときには、車両の長さの半分以下でビタッとくっついて走っていたけど、そうするのはいくつか意味があって「出来る限り通信の遅延を無くす」というもっともな理由の他「車間は小さい方が万が一事故があった際衝撃が小さくて済む」「車間が小さければ物理的に割込みができない」という、今までの常識を覆すような話を聞いて「なるほど!」と思ったものです。

理屈上は、この隊列走行何台でもつなげて走ることはできるんだそうですが、通信の安定性を考慮すると、3台にとどめておくのが良いらしく、現在、先頭車両に1人の運転手を配置すれば、2台目、3台目は無人で運用して良いという、法律改正の準備をしているとのことです。

また、同時に、高速道路の一番外側の追越し車線を、物流トラック優先道路にしようという声もあり、そうなれば日本の基幹物流は大きく変わるとみられており、トラック業界挙げて、メーカーが違っても隊列組替えが可能になるよう、規格の統一化も話し合いが始まっている模様です。

さらに、この物流幹線の運行情報や荷物の追跡をブロックチェーンでやろうという話もあり、こちらもいよいよ、産業活用に向けて着々と動こうとしているといった感じです。
V2Vではないのですかね。
自律で通信したいとこですね。

あ、V2Vの自律でした。
失礼。
高速の出入口の最適化もトラック隊列走行が当たり前になれば変わってくると思いますが、物流において総数と人手が比例しない形になるのは本当に期待です。
やはり、高速道路からスタートですね。長距離トラックも運転手不足でなやんでいるので、安全が確認されれば利用する会社は多そうです。
将来、楽しみの技術です。
5Gの車両間通信を使って、時速約70kmで3台のトラックが走行したそうです。
新東名高速という通行量も少なくないところでの実験成功。悲しい交通事故が無くならない中、今後も期待したいですね。
5Gに期待する隊列走行。早く実用化してくれるといいな。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.98 兆円

業績