新着Pick
773Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
カンターのBranZですね。ブランド調査はそれぞれの調査にすごく癖がありますから、よく調査法を見てから、ですが、やっぱりAmazonは商材も多いので利用者が多い上にVisibilityからRoyaltyまで一貫して取ってそうですものね。昔はWalmartなどがランクインしていたような、生活密着ブランドとしての強さ、ということですねー。
生活密着度 × イメージ

人々の生活の一部として、どれくらい浸透しているかを示していますね。そして、イメージです。

ちなみに「ブランド」という言葉の固定的なイメージにより、人それぞれ捉え方は変わってきます。
GAFAがトップを独占しているんですね。
コカコーラやマクドナルドなどの消費財ブランドよりもIT企業のリーチ力の方がよっぽど強力なんでしょうか。
VISAはお世話になっていますが、こんなに世界的ブランド価値が高いとは知りませんでした。
わたしの中の「ブランド」だと身近なアマゾンよりアップルだと感じます。人によって違うのかもしれないですね。
ブランド価値ってどうやって測ってるんだろう。時価総額だけでいいような気がするけど。
こういうところで首位になったりすると後は落ちていくしかない、という印象を持ってしまうのは私だけでしょうか。
生活基盤な会社たち
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
189 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
241 兆円

業績