新着Pick
1058Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2007年にSAPが当時このTableau領域(BI, analytic & reporting)で世界一だったフランスのBusinessObjectsを約8000億円で買収しました。その数週間後にIBMが当時2位のカナダのCognosを5000億円ほどで買収しました。売上は仏BOは15億ドル、加Cognosは10億ドル程度でした。成長率も現在のTableauのような大きくも小さくもない成長企業でした。

いまサンフランシスコ空港に向かっています。101号線沿いは今一番多い広告看板はグーグル(GCP)が3000億円で買収発表したLookerのものです。非常にクリエイティブな看板に目がとまります。だだっ広いサウスベイの田舎の看板の遠目に鎮座するのがオラクルです。2000年代前半から本業は買収ですと言わんばかりの積極買収でコア事業と異なる数兆円にのぼる買収が盛んだった頃がありました。まだ売上も時価総額も現在のセールスフォース程度の時です。そもそも前世代のBIが全て大手に吸収される流れになったのは2007年のオラクルによるハイペリオン買収でした。ハイペリオンは大手でしたがBIの中でも財務データの企業でしたのでああそうですかくらいの感じでしたが結局それが引き金となりBO, Cognos, SPSSなどBIカテゴリトップ企業がビジネスソフトウェアトップ企業群に買収となりました。

90年代から始まった第一次のBIは10年で生まれて次の10年で成熟。現在の第二次のBIがこの10年で次々と生まれましたが、次の10年で成熟消滅していきます。

現在B2BのSaaSは数百億円の売上で数千億後半のバリュエーション、売上がビリオンに近づけば1兆円を超えます。世代交代サイクルが早まり5年から10年で代謝が起こります。クラウドの時代がこうして総合デパート型やモール型に移行していく中、これらの起業家や投資家はまた次の世代を創っていくでしょう。これまでのチャンピオンはどう動くか、また新たなチャレンジャーはどこから生まれるか楽しみです。

今後の10年の見通しはこんなところです。
1. 自前主義 vs 買収攻勢
2. インフラ vs アプリケーション
3. クラウド原住民 vs クラウド移民
4. 上記既存勢力 vs 今後の新興勢力
Lookerに続きTableauも大手傘下に。この分野は競争が激しく、現在のクラウドやデータの構造により合った身軽なベンチャーやオープンソースがどんどん出ているので、これら大手エンタープライズ向けの老舗は、大手傘下にはいって大規模ソリューションの一部として提供されるのが正解、ということと考えられます。

ちなみに、はるか以前の2015年に日立が同種のPentahoを買収しましたので、その意味では先見の明があったのかも。
Tableauの金曜終値での時価総額は約105億ドル、なので約45%のプレミアム。本発表も受け、Salesforceの株価は今日は約-4.5%。

Tableauは、売上は年率30%前後で成長しているが少し伸びが鈍化する年もある。2018年12月期は11.6億ドルで市場の今期予想は13.7億ドル。1~2億ドルの営業赤字だが、株式報酬費用が多く、FCFでは大体毎年約1億ドルのプラスになっている。
2003年に創業し、直近の10Kでは8万6000人の顧客とある(実ユーザー数ではもっと多そう、契約単位とかだと思う)。ただ売上や売上成長率を考えると、高いように個人的には思うが…株式市場の反応もそういうものだと思う。時価総額が約1200億ドルなので、-4.5%は約55億ドルの時価総額の縮小。

会社リリースは下記。
https://sforce.co/2Ws7xsH
SFDCのビジュアルダッシュボード開発はインテグレータ達の飯の種で、ユーザーも自社でコツコツ開発もできる領域でしたが、案件次第では近年はBI部分はTableauで、というものも増えてきてました。
今回の買収でSFDCとしてはある意味競合・連携先を取り込むことで双方のエコシステムが融合し、開発容易性が増すことが期待されます。
数日前のグーグルによるルッカーの買収に続いてまたもデータ分析業界で巨大ディール。ここ10年マーケットを牽引してきたスマホ経済は完全に一服だけど、ここからデータ・AI経済がどこまで活性するかで世界のリスク資産のパフォーマンス相当に左右されそう
これはびっくり過ぎるニュース!金額もなんと153億ドル(1兆6600億円)。Tableauは直感的に使いやすく、これからのデータ至上主義の時代に市場を席巻すると思ってたので、身売りは意外でした。ただ、Salesforceはベストパートナーかもしれませんね。
日本(特に海外比で遅れてる)でもタブロー普及の起爆剤になるんじゃないですかね。
セールスフォースのレポートUIイマイチ感あってタブロー好相性だけに、日本の金融機関で普及進むセールスフォース経由で拡がりそう(ライバルはpowerBIのマイクロソフトか)。
私自身も一応はタブローでジェダイ称号持ちLEGO持ってますねw。
B2BのSaasはM&A文化だから、評価額は置いておいてまぁそーなるよねー、という展開。ただちょっと玄人っぽいコメントするとしたら、その文化ゆえSalesforceやSalesforceマーケティングクラウドよろしく、画面UIやUX、その他のインテグレーションって実はそんなに進まなくて、結局別サービスよね、という風になるので統合からは遠く、消費者からはブランド以外は別物って見なされるよね。シナジーあるといいつつ、Salesforceブランドに統合された場合のブランドメリットが主体で、本来のそのサービスのシナジーって言うほど発揮されたりはしないんじゃないかなぁと予想。ぼくはまだまだここに参入余地はあると思う。MAもBIもデータ統合も、統一されたUIUXとIDパスワード、APIやMySQLを叩く必要の無い世界。
Tableau Desktopは教育関係者は無料で利用できます。

アカデミックプログラム
世界中の学生と教員は Tableau Desktop が無料
https://www.tableau.com/ja-jp/academic
これでSalesforceの営業が提案しまくって日本の企業にもtableauの導入が加速しそうです。この手のクラウドツールは機能面について良し悪しを指摘するのではなく、ツールを選定したらカスタマイズするのではなくワークフローをソフトウエア側に合わせないといけません。日本企業はそれが苦手。

業績

業績