新着Pick
268Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
シンプルなようで本質。支えるのは哲学とデータに基づくリーンだろうか「一番いいのは、少しずつ調整していくことです。そのためには一定の計画が必要ですから、いつもそのようにできるわけではありませんが。一方、思い切った改革をしないと、ローカルな限界を打ち破れないときもあります。でも、最も重要なのは、「これは絶対にいい」という確信を持てるかどうかだと思います」
以下のコメントに強い共感を得ます。

>何かに失敗して、会社が破綻することよりも、目の前のチャンスを最大化しないことのほうが怖かった

急成長や大成功している人は皆さん、この様に言っていますよね。私自身、本音としては失敗して破綻するほうが怖いのですが、「それでは駄目だ、何も変わらない」と自分に言い聞かせて、リスクと同時にチャンスを掴むように努力しています。私は本能で動けない分、まだまだなのですが。

記事では変化というものは意外と簡単に馴染むということも書かれています。変化に違和感を感じるのは、ある意味DNAレベルの問題なのかと思いますが、人間はそれを簡単に凌駕する能力を持っているので、その能力の範疇までも本能的に悟る感覚が重要なのかと思われます。
ほとんどのソフトウエアは「アップグレード」という名の変更を嫌がるユーザーとの戦いなんじゃないか、と思います
"プロダクトに変更を加えることに関しては、ユーザーの変更回避性もたくさん見てきました"
「何かに失敗して、会社が破綻することよりも、目の前のチャンスを最大化しないことのほうが怖かった」
激しく共感、しかしそれを実現するためには優秀なチームが必要。CEOがぶっ飛んでも現実の経営を回していくメンバーがいないと会社は回らない、そして同時にCEOがぶっ飛ばないと夢がない。
彼が失敗を恐れなかったから、彼の挑戦は世界中の人間版タウンページになった。フェイスブックの友達情報や個人情報にはある一定以上の信頼があるものとして、その人自身のパーソナリティをはかる一つの物差しですらある。
絶対にいいという自信は、人々が利用していく中で微調整を繰り返し、変化を繰り返して常に更新されているのだろうと思う。こういうサービスがなかなか日本で育たない理由を政府は考えるべき。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
57.6 兆円

業績