新着Pick
556Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スピードを重視できるのは、試行錯誤の検証をしっかり回せるインフラがあるからなんでしょうね。

最後の方で、
「オーケー、この変更は会社を崩壊させないだろうな?」
という言葉をさらっと触れてますが、経営者は誰よりもこれを考えているでしょうから、検証を回せることが必須。

でも、最近変更されたFBスマホアプリのアイコンだけはまだしっくり来てません。。
『多くの組織は、「正直であれ」みたいな、どうでもいいことを重視しています。』と語るザック氏。正直であることは当然だとしながらも、それよりも、スピードを重視する。この考えがフェイスブックを危険にさらしている。

正直でない企業のサービスを誰が使うのだろう。個人情報流出についても、真っ向から改善しようという姿勢が見られず、世界の規制当局から要注意企業として注視されている。

企業は社会のためという基本が欠落しているように感じる。『「素早く動け」という理念の面白いところは、そのために妥協しなければいけないことがあることです。』???
スピードを重視するという時に、見落としがちな点が書かれていたのでとても良かった。

「「素早く動け」という理念の面白いところは、そのために妥協しなければいけないことがあることです。」

スピードが早ければもちろん良いが、しかし、それはトレードオフになっているものがあるということだ。
その点を引き受けることができなければ、スピードは上がらない。なるべくトレードオフになるものは減らす努力は必要だが、どうしてもそれは残る。
良く大手企業でスピードが遅い、ということが問題にされるが、では、それは何を逆に言えば何かを重視している、ということを意味してもいる。
だとすると、もしスピードをあげなければならないとしたら、何を重視しているのかをはっきりさせると、その点を重視した形でスピードを上げる方策を考えることも可能であろう。
Facebookとて、闇雲にスピード「だけ」をあげているわけではないのだ。
move fast! うまくいかなかったことも履歴を残して活かす。良い点を基礎にし改良を重ねる。いい言葉。
(冒頭のあまりキャッチ―な表現じゃないと切り捨てる点も率直でいい)

記事より↓
うまくいかなかったら、その記録を残せばいいだけのことです。うまくいったなら、その小さな変更をFacebookの基礎部分に加える。そして今度は、みんながそれをもとに改良を重ねていく。
Try and Error のPDCA を高速回転させることは
大切であり、企業が大きくなっても大切なこと。

しかしstable infrastructure の上で、速く動くことの目的が
顧客中心主義であり続けることができるかどうかも大切なこと。

企業の為のmove fast は危険だ。
スピードを重要視する会社は沢山あって、その着眼点は間違っていないと思うのですが、以下の本質をきちんと認識できている企業はどれだけ有るのか、正直疑問です。

>「素早く動け」という理念の面白いところは、そのために妥協しなければいけないことがある

トップダウンで、ひたすら「早く」「素早く」「即行動」と言うだけでは、社員にこの本質はなかなか伝わらないと思います。「素早く動け」は手段であって、目的ではないのです。そういえば「社内では早く歩くように」という通達を出していた企業がありますね(笑)
「Facebookには常時、1万種類ほどのバージョンが存在しています。これはエンジニアが、何かをテストしたいと思ったら、すぐにそのバージョンをテストできるようになっているためです」

サービスにテストされるのは嫌いじゃありません。
テストの結果、使い勝手がよくなることを期待できるから。
ただ、このテストは永遠に続くのですよねえ。
これだけ改善の仮説をつくっているし、つくり続けているということ。
日本は上の承認が〜と、組織が大きくなればなるほど、お役所仕事的に誰の責任か?ということを明確にして、何かトラブルがあったときのことばかり考えてしまい、結果いい物ができてもなかなかサービスインに至らなかったり、ビジネスの面だけではなく、あらゆるインフラや制度においても遅れている。
この、とりあえずサービスを走らせながら、悪いところを訂正して1-2年かけてユーザーとともにビジネスを育てる発想はやはり素晴らしいし、今やネットの発達でどんどん先に進んでいく時代と情報とユーザーの満足度の高さに追いつけるのだと思う。日本人よ、見習って生きよう。
極めてリーン的。何を妥協するかは場合場合で変わる。データはどう素早く動くの判断材料になる。日本の企業でできているところは少ない「「素早く動け」という理念の面白いところは、そのために妥協しなければいけないことがあることです。では、何を妥協するか。」
巨大になった会社だからこそできる、スピードの上げ方。エンジニアが一個人で機能を簡単にテストできてデータが取得できる仕組みは凄い。startupだとインフラ構築はなかなか間に合わないけど、こういう勝者の方法があることを知っておきたい
というか、こう言った開発ができるインフラでスタートアップができそうだけど、、
ありそう。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
54.1 兆円

業績