新着Pick
529Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本田圭佑効果だよね
米国では、スポーツ選手や歌手、芸能人が、その知名度や信用を活かして事業や投資を行うのが一般的です。日本でもサッカーの本田さんや長友さんのように事業や投資を始めるケースが徐々に増えていきそうですね。
セカンドキャリアという言葉の再定義。
たしかに会社勤めの人が起業することをセカンドキャリアと表現することは少なくなったのに、プロスポーツ選手はいつでもこの表現がつかわれます。

すべてのキャリアは連続していて、そこにファーストもセカンドもなく、周りの人がわかりやすさのためにそう名付けているだけなので気にする必要はないということだと思います。
スポーツを極めた人って相当な努力とコミットメントがある方なのでビジネスにおいても通じるものがあると思います。
本田選手や長友選手のように常に努力を惜しまず、結果に対してコミットしてくるような人たちはビジネス上でも脅威ですね。ぜひ、色々な可能性を広げてほしいです。
キャリアの中でファーストもセカンドもなく一つのストーリー、というコメントが印象的でした。
確かに人生をトータルで考えていれば、そういう発想になりますよね。
サッカーはグローバルスポーツで、世界観が強い。

その昔は三浦知良選手がブラジル、そしてヨーロッパで洗礼されてJリーグ発足の原動力に。中田英寿氏はサッカーというプラットフォームを用い、引退後のビジネスへと展開。今の本田選手、そして長友選手は『現役』である発信力の強い今を生かしての企業。進化し続けている素晴らしい流れ。

これも、日本を出て世界観を実感して事得られる『思考回路』だと思う。
昔から疑問だったのが、芸能人もアスリートも有名な方が事業を起こすことは多かったですが、起業家、とは言わなかったですよね。

焼肉屋やってる有名人は多いし、サッカースクールとか野球教室とかも結構あるし。
ビジネスでも本田選手との違いがわかりやすい。選手としての生き方と同じように。