新着Pick
188Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
価格が高い言い訳に「技術で勝負」と言って没落したメーカーは多々あるが、
元々価格が安い上に「技術」を誹謗するメーカーは厄介な存在。

加えて国策により、世界最大級の中国EV市場へのアクセスで優位だから、
パナソニックのバッテリーのケース同様、日本メーカーに立ちはだかる紅い壁ですね。
さすが日本電産、さすが永守さん。
ここにはJVをこの会社側から断ったような言いぶりだが、真実はどうか。
もしやっていたら技術も経営ノウハウも散々しゃぶり尽くされいた所でしょう。
米中テクノロジー冷戦、ファーウェイ問題の核心は中国JV方式に根深く蔓延る強制技術移転です。
技術力で最高峰を目指すより、コストとスピードで勝負する。そんな戦い方をする日本電産にとって、中国ローカルメーカーは「ウリ」が似ているだけに、厄介なライバルです。その筆頭が、北京を本拠地におく精進電動。彼らは電産をどう見ており、どう戦っていくつもりなのか。創業者と幹部を直撃しました。
日本電産側が「武器は価格競争力」と言えば、中国側が「我々は価格では勝負しない。技術で勝つ」と言う。

ひと昔まえまでは「逆じゃない?」という声が聞こえてきそうですが、そういう競い合いになっているということですよね。
(読後にふと思ったことのメモです)
従来の自動車が垂直統合の象徴的存在なら、同じ移動手段である自転車は水平分散の象徴だ。
自動車がEVへ向かうとき、水平分散の方へ向かうのは確実だろう。それがどの程度どのような速さで進むのか分からないが、いつか自転車のようにユーザーがかなりの自由度をもってパーツとパーツを組み合わせてオリジナルのマイカーをオーダーできるようになるのだろうか?
あぁ、しかしマイカーという言葉のなんと古臭いことか(嘆息)
JJE(精進電動、Jing-Jin Electric)、知らなかった。
作る中で技術力が上がっていくのは、CATL含めて多くの中国の新興メーカーがそうだし、そうやってバリューチェーンは日本でも過去に作られていった。
北京に本拠地を置く中国のモーターメーカーの精進電動(JJE)について。中国企業の技術力を伺い知ることのできる記事です。
JJEは全く聞いたこともない会社ですね。どこまでホントなんだろうか。シェアはいくらですと言われても、売上とかの数字が全然ないんじゃ実態がよく分かりません
コストではない戦い方。日本のケイレツ文化におおきなインパクトになりそう。
これからはモーターだね
この連載について
日本を代表する名経営者、永守重信が築いたモーター企業である日本電産。パソコンの普及とともに成長してきた同社だが、次なる戦場は「電気自動車」だ。猛者が集うこの市場で、いかに戦っていくのか。永守のお家芸であるM&Aの極意や、カリスマ創業者後の体制を占いつつ、ベールに包まれたモーター企業を紐解く。
日本電産株式会社(にほんでんさん、英語: Nidec Corporation)は、京都府に本社を置く日本の電気機器製造会社。 ウィキペディア
時価総額
4.30 兆円

業績