新着Pick
973Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
永守さんの講演は聞くだけで体が震えるほどの刺激を受けます。一番印象的な指摘は、組織が大きくなって有名大学出身者が入ってくると「できない理由をうまく説明する人間が出世するようになる」というものでした。創業時は有名大学出身者はいませんでしたが、みんなで手をつないで「できる、できる、絶対できる」と声を上げたといいます。「できない理由はいらない。できる、やってやるという意志がすべて」

ここの部分を引用します。
「EVの時代が絶対やってくる」。
永守がこう予見し、車載事業に参入したのは、20年以上前の1995年のこと。当時でいうと、「殿ご乱心」とも言われた不可解な判断だったが、その後、18年間赤字を垂れ流し、失敗を重ねながらも、着実に天下への道を進んできた‥。
日本電産の覚悟が見えます。

もはや、部品やパーツを提供する単なる部品メーカーではなく、クルマのコアを握りに行く狙いですべての戦略が組まれているのだな、と痛感しました。モビリティ時代の大転換の渦を勝ち抜いていけるのか、岡記者が粘り強い取材でドキュメントに仕立てあげています。

もちろん、今の時点では、この野望も「ホラ吹き」と批判することはできるでしょうが、その成否は意外に遠くない未来には見えているのかもしれません。
電気自動車というとバッテリーがよく話題にのぼりますが、もうひとつ重要な役割を果たすのが「モーター」。多くのプレーヤーがしのぎを削る中、自動車界では「新参者」の電産の戦いを追いました。
「実績や系列を重視する業界だから難しい」という指摘もよく聞きますが、電産は創業当時からそうした状況下で打開策を練ってきた経緯があります。今後どう戦っていくのか、引き続き追っていきたいです。
日本テクノロジーの星、日本スタートアップの星。やや世代が古いが創業経営者永守さんが未だ前線で率いるメガスタートアップ。80年代のソフトバンクを最後にグローバルスーケールしているメガ化したスタートアップがいない事が日本経済の課題。その意味で本特集は大事。
自動車産業は、従来、内燃機関(エンジン)や駆動系部分含めて経験曲線が相当に効き、「擦り合わせ」が必要な、典型的な垂直統合型産業でしたが、これが、エンジンが電池に替わると、自動車自体がPCと同様なモジュール製品となります。そうなると今度は完成車メーカーそのものでなく、各分野の部品メーカーが優位性をもつ水平分業中心の産業分野となります。(例えばPCでは、PCそのものでなくCPUのインテル)こうなると今後自動車分野で優位になるのは、トヨタそのものでなく、自動運転のエヌビディアや、リチウム電池では、パナソニック、BYDなどが覇権を握るチャンスがあるということになります。

以下、4月の日本電産のIRでの永守語録です。

中国での車載既存製品は在庫調整が進みつつあるが、一区切りつくのはQ2までかかりそう。
一方で新製品はQ1から好調。既存、新製品含めて、下期からかなり強い確信を持っている。

中国電気自動車メーカーへのトラクションモーターの発注が好調。

技術は良くてもビジネスで負けては意味がない。コスト競争、時間競争。

M&Aで買収先の利益を5%から15%にすれば、買収価格は3分の1になるのと同じ。


引用
「客の希望は、モジュール化の一歩先を行って、プラットフォーム化だ。テレビなどの電機業界と同じように、プラットフォームにガシャンガシャンとくっつけたら完成品が出来上がるというもの。」(永守)
「Nidec、入ってる?」になる過程はどうなるか?
日本電産の事業領域は「回るもの、動くもの」。モーターは駆動原理やサイズなど多種多様で、様々な企業が分散している業界で、日本電産は買収を重ねてきた。そして「Nidec、入ってる?」を目指す中では、回る・動くを制御したり、回る・動くを活用する部品・モジュールへの拡大ということ。それがホンダからのエレシスの買収(制御)だし、E-Axleというモジュール製品の投入。
既にスマホでは「Intel、入ってる?」並みに「ムラタ、入ってる?」となっている(ちなみにこの言葉は、元モルスタ・現フロンティアマネジメントで電子部品のトップアナリストだった村田氏の言葉)。村田製作所もモジュール化を進める中で買収を重ねていったし、またIntelがWintelのなかで台湾にリファレンスデザインを供給して拡大したような事例もつぶさに見てこられただろう。

E-Axleが中国で初めて受注をとった時のPickは下記。
https://newspicks.com/news/3535543
日本電産の永守さんの記事。
今原さんの本に書いてあるが、当時日本電産の転換社債と株式をJAFCOが15億円分引き受けていたのは知らなかった。
JAFCOの投資に次いで融資が決まり、中途・新卒採用に力を入れ始める。
日本電産のしたたかな狙いは、モーターの市場だけではありません。
モーターにマイコンを搭載したインテリジェントモーターは、CANやロボットアームの中にあってモーター同士が対話するエッジ・コンピューティングを実現します。
すなわち、車載ECUやロボット制御市場をも食いかねないわけです。このあたりを意識するか否かで世界観が大きく異なります。

知性を持った日本電産の インテリジェントモータ®が SFを現実にする近未来 中央モーター基礎技術研究所
https://www.nidec.com/ja-JP/ir/individual/interview/01/
自動車がどういう製品になっていくのかについては、NPのコメントでも「スマホになっていく」VS「いや、自動車はそんなに簡単ではない」論争が繰り広げられている。「スマホ化」を先導するのはテスラのような完成車メーカーもあるが、このような革新的部品メーカーが本当の鍵を握っているんだろうことがよく分かる内容でした。自動車部門は長期で赤字だったとのことですが、その間も本業でしっかり儲け会社としてはきっちりパフォーマンスを出しているところが凄みですね
この100年に一度の戦いの為におこなった自動車業界のキーマン方々のリクルーティングは、めちゃくちゃ面白いだろうなぁ。会社の未来をつくる、そういう採用をしたいなぁと。
この連載について
日本を代表する名経営者、永守重信が築いたモーター企業である日本電産。パソコンの普及とともに成長してきた同社だが、次なる戦場は「電気自動車」だ。猛者が集うこの市場で、いかに戦っていくのか。永守のお家芸であるM&Aの極意や、カリスマ創業者後の体制を占いつつ、ベールに包まれたモーター企業を紐解く。
日本電産株式会社(にほんでんさん、英語: Nidec Corporation)は、京都府に本社を置く日本の電気機器製造会社。 ウィキペディア
時価総額
4.25 兆円

業績

インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
23.4 兆円

業績