新着Pick
57Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここのところ債券と株式のトレーダー間でスタンス(元気度)明らかに違って来てますね。
私も米利下げは既に織り込み済で、貿易戦争の緩和策であると思ってます。
機械仕掛け中心で、上下一方に振れても短時間で修復され易く髭付けやすい(証券会社泣かせの)低ボラ相場が続くと見てます。
下記に、過去の利下げ時の利下げ前3か月・1か月、利下げ後1か月・3か月・6か月・12か月のパフォーマンスが出ているので、興味がある方は併せてご参照いただきたい。
特に昔に比べるとインフレ率が低い中で、どちらかというと景気サイクル対応が多く、利下げだけだと十分に景気減速対応できずに株は下落しているのが、ここ2回のサイクル。
https://newspicks.com/news/3952994
「長い景気拡大の最終局面で連邦準備制度理事会(FRB)が利下げした場合」に着目すれば、目先利下げが現実のものとなれば本稿で指摘される通りになる可能性は大いにあり、気にしておく必要があるには違いないでしょう。

ただ、2000年や2007年当時と比べて、たとえばFF金利の水準を比べると、当時は近似した水準まで上げてから利下げに転じたのに対し、現在はそれを大きく下回る水準にあります。その点からすると、前2回と同様の動き方になるかどうかは一概にいえないかもしれません。

どのような時でも決めつけずにシナリオは複数用意しておいたほうが良いですね。
今は米国債を保有していないことが、ポートフォリオ運営のリスクになる展開になっている。景気後退まで予想せずとも、その思惑と実際に金利がジリジリ下がっている状況から、米債はとにかく下がれば買いのムードだ。
債権じゃなくて債券ですね。