新着Pick
411Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先生はメンター、コーチ、ファシリテーターへ。ただ、上の者が下の者を導くという考えではなく、「学び合う」という考えが必要。「教える」という言葉は今後あまり使われなくなるのでは。

リバースメンターシップの大切さについても、昨今教育現場で議論されつつあります。
娘の小学校で「公開授業」などに参加しますが、小学校の先生に求められるものも、私らの子どもの頃とはずいぶんと変わったなあと思うことがあります。
「もはや先生と名のつく立場だからといって、話したことを鵜呑みにしてもらえる時代ではないんだ。一方的に知識を分け与えてやるのだという態度ももちろん通用しない」
「もはや先生と名のつく立場だからといって、話したことを鵜呑みにしてもらえる時代ではないんだ。一方的に知識を分け与えてやるのだという態度ももちろん通用しない。」(記事引用)

教育現場や国家資格プロフェッション(医師、弁護士など)では慣用的に「先生」と呼ばれるが、この呼称を背負って長く仕事をすると、認知の偏りが生まれる。本来、対等で双方向的であるべきコミュニケーションやラーニングプロセスが、上下関係で一方通行になる。これでは、双方に学習と成長の機会が奪われる。個人的には、大学という場の一歩外に出たら「梅本さん」と呼んでもらうようにお願いすると、関係性が変わり、風通しがよくなる。
テクノロジーを活用して20世紀型の学びを効率化させて、アクティブラーニングで実践から学ぶ21世紀型の学びの時間を捻出することが大切です。
20世紀型の学びも入念なインプットと完璧なアウトプットを求めていましたが、記憶は根性よりも使うことで定着します。ある程度のインプットを得てからアウトプットで使うことを意識すれば、失敗も増えますがその分だけ記憶も捗ります。20世紀型の学びもアジャイルで進めることが大切になります。

情報処理力と正解は、万人に通用することこそが解となる強迫に基づいていましたが、情報編集力と納得解は、人を刺激して動かすことこそが解となる共感に基づくものです。
アクティブラーニングは人の共感と巻き込みを得るための実践として有効なので、大人の学びもアクティブに変えていく必要があります。
子供達はたまに会社にきて私の仕事ぶりを見ています。「こんな世界が楽しい世界が待っているんだよ、だから学校の勉強も頑張ってね!」といつも子供達に言っているので子供達は仕事が楽しいものだと思っています。
この記事に書いてあることは総じて同意する(基礎学力の大切さ、学ぶ楽しさの体験の大切さ)のですが、その方法論は子供によって違っていて、必ずしも今の教育システムを全面否定する必要もないかな、と思います。うちの子供達は日本の学校で十分楽しそうに学んでいます
新しいことまで20世紀型で学んでいたような「社会が大きく変化した今、決められたことを覚え込むだけの20世紀型の勉強だけではなく、みずから問いを立てて答えなき道を進む21世紀型の学びに注力しなければいけないと…注意すべきは、20世紀型勉強「だけ」ではダメだというところ。愉しい21世紀型の学びにのみ耽溺(たんでき)すればいいということではないんだ」
従来で言う教育研修から成長支援へ。支援は気づきや機会を提供し、個々の能力・強みを伸ばす時代。
この連載について
東大受験マンガ『ドラゴン桜』『ドラゴン桜2』で数々の斬新な教育方法を実践する主人公・桜木建二が、新時代の「学び」を理論化すべく、識者に取材を重ね、思考を深め、成果をまとめる。

業績