新着Pick
741Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨年1年かけて準備して民泊新法にのっとった民泊を開設しました。
農家の築50年の空きアパートを1棟リノベして、女子学生が住みながらオカミをするという内容で話題を作り、クラウドファンディングも100万以上達成して
日々DIYも学生達とやってなかなか楽しく開設できたのですが
様々な許可申請をとおし、同時に現状をいろいろ聞き取っていくうちに行政も相当に頑張って「民泊は儲からない」という制度設計をしてくれたものだなとつくづく感心しました。
新法施行から1年。本気の事業者ほど参入しないか、もしくは脱法で稼ぎをつくるという方向に流れているという声もちらほら。

法律の整備に関わった方々の声もきくと
「ホンネでは市民の多くは外国人となるべく関わりたくない」「既存の旅館業法事業者を守る必要があった」
という民意を反映したものだということがわかってきました。

五輪開催も観光立国も外国人人材も空回り感が否めないところではありますが
個別案件で好事例をつくり、少なくとも私が住む街だけでも気運を変えていけるように精進します。
川上から川下(ホテルから民泊)へという流れと、川下から川上へ(民泊からホテル)という2つの流れ。マリオットグループは前者。airbnbは後者。どちらに分があるのか。おもしろいテーマです。

利用者は目的によって使い分けるでしょう。信頼性とちょっとしたラグジュアリー感を求めるならマリオット。手軽さや安さで満足する人はairbnb。いずれにせよ、決済はキャッシュレス。
「マリオット・インターナショナルは、日本のホテルや旅館のビジネス・モデルとは別物だ」という前提に立つと、この記事の本質を理解しやすくなります。

マリオット・インターナショナルは、リッツ・カールトンやウェスティン、シェラトンなどを傘下に収める世界最大のホテルチェーンですが、実は、ホテルを所有しているわけではありません。

例えば、日本の「ウェスティン東京」は、もともとはサッポロビールがオーナーで、その後、投資ファンドの所有となりました。マリオット・インターナショナルは、「ウェスティン」ブランドのホテル経営のノウハウを提供しつつ、世界最大規模の会員サービスから顧客紹介を行っています。

つまり、Airbnbが、そのブランドに魅かれた顧客と不動産オーナーを、1部屋単位でマッチングするプラットフォームであるならば、マリオット・インターナショナルは、同様のプラットホームを、より大きな規模で長年運営してきたことになります。さらに、単なる宿泊だけでなく、インスタ映えするような特別なイベント体験の提供も積極的に行なってきました。

それが、マリオット・インターナショナルが、民泊参入に自信を持っている背景だと思います。Airbnbが、どのような形で対抗するのか、あるいは共存を目指すのか、注目しています。
民泊事業は参入障壁が低いので、マリオットが参入したとしても大勢に影響するようなことはないでしょう。

それよりも、個人的にはアマゾンが民泊に参入した時のインパクトを私は考えています。

あれだけ大きなプラットフォームを持ち、決済もアマゾン決済ですみ、値段も安い。
旅行関連で手慣らししていることに鑑みれば、アマゾン帝国の次なる(もしくは次の次)野望は民泊かもしれません。

アマゾンが日本を有望市場と考えているのであれば、東京五輪までに動きがあると思います。
逆に、動きがなければ、日本は大したマーケットではないと判断しているのかも…民泊法がキツイですからねえ。
高級民泊。富裕層の別荘などがユーザーの選択肢が増加。

貸し手側もホテルによる掃除やアメニティ管理をしてもらえる安心感を得られると予想。

プレイヤーが増え市場の活性化。
両者の基幹事業となるのは今のところairbnbはプラットフォームであり、マリオットはホテルのサプライヤーです。なので「戦国時代」というキーワードにピンとこない人もいるかもしれませんが、事業拡大において最終的には垂直統合がテーマになってくるので、中長期的にはガチンコの競合です。
マリオットのは民泊というより、場所がいわゆるホテルではないちょっと変わったところ、というだけでは?一般の人が住む場所に宿泊する、という意味での民泊ビジネスをやってるわけではなさそうだし。全然衝突してないと思うが明日のインタビューを楽しみにしよう。
民泊からホテル、ホテルから民泊の激突。もちろんこれからだが、ホテル側は今までの顧客体験を刷新しないと劣勢かと。先日も泊まったが何かとフロントに行ったり電話したり、お世辞にもいい体験とは言えない…
マリオットの民泊参入か。単価が大きい分、Airbnbにとっては脅威なのではないか。Airbnbの出方については明日の記者までお預けね。楽しみ
日本の場合は民泊に規制が入って、エアビーが一気に縮小。
ただ世界的には拡大している市場であって、日本の肌感覚とは違いますよね。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート

業績