新着Pick
305Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
時代が変わろうとするときに学びも変わってきたことが分かります。多種多様な日本文化が生まれた江戸時代、西洋文化を取り入れた明治時代。逆に安定した時代や停滞していた時代からはあまり新しい学び方は生まれてこなかったようにも感じます。

情報量が一気に増し、個人の多様化が一気に進む現代において、暗記中心の一律教育が限界になるのは当然だということが歴史と照らし合わせるとよく分かりますね。
「知識から知恵へ」「ティーチングからコーチングへ」。そこに異論はありませんが、より本質的な教育の変化は、その目的が変わる点にあると考えます。

近代教育のゴールはキャリア/仕事にありました。そのため、製造業が主だった時代は正確な知識や作業の習得が教育のゴールでした。さらに現代はサービス業が中心産業となっていますから、リーダーシップやコミュニケーションが教育のゴールとなっています。

しかし、人生100年時代の中で、いかに「稼ぐか」ではなく、いかに「心身ともに健康で生きるか」が重要な時代となっています。
そうなると、そもそも社会人になるまでに技能を詰め込む教育の地位は下がります。むしろ、世代ごとの心身のチェックと、そこに対応して仕事や生活を変えていくことが重要になります。
その意味では、そのヘルスケアと教育の融合が、本質的な教育課題ではないでしょうか。
教育変革の波は確実に来ています。特に保護者や生徒の方が変化に対するニーズが高くなってきており、そのニーズを受けて学校も変わり始めています。もちろん変わらない、変えられない部分も多く残ってはいますが。

今回の記事ですが、

学びで得たいものは、「知識(learning)の獲得」から「知恵(wisdom)の運用」へ

という点のLearning の使い方には少し違和感がありました。Learning を学びと捉えた場合に、学びの意味をかなり狭く捉えた考え方だと感じたからです。特に教育から学びへというシフトが生まれてる中で、Learning を旧来的なものとして扱うのはミスリードだと思います。

むしろここでは学びの意味や形が変わることを強調するために、「知識の獲得(Acquisition)」から「知識の実践や創造(Practice and Building)」へと、知識との関わりを相対的に見せる方が良かったと思います。今教育で起きてる変化はまさにそこなので。
確かに当たり前だけど、
教育や学びにはその時代の背景が影響する。

明治時代は確かに歴史で勉強したけど、
そんな背景があってからの教育環境だったんだなと。

令和の時代は劇的に変化するし、
勝ち負けがハッキリする時代のような気がする。
中途半端な改善ではなく、根本的に改革しないといけない。
テクノロジーの進化で学びのスタイルも変わってくが、本質的な学びの意義は変わらない。
何のために学ぶのかを問う必要があるし、そこを考えていかないとただの知識の吸収になってしまう。学ぶことよりも学んだことを実社会に還元する方がよほど正しい。