新着Pick
621Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
サービスを生み出すための知恵や情報、それらを十分に生かす社会システム。社会も組織も個人もこの事実に対する認識が不足しているように思います。
だからこそ、大学には世代に関係なく未来を見据えられる眼を養うための場となることが必要だと思ってます。

少子化で縮小する大学には価値がなくなります。大人も含めて学び続けられる場になることが重要です。
実際どうかとか実態どうかを問わずとも、東大が社会変革を先導するという気概をもつことは素晴らしいことだと思います。そんな時代でもないかもねという突っ込みは置いておいて。少なくとも知の集積という観点や社会的なブランドという観点でも恵まれたポジションを活かせるはずなので。
新連載「桜木建二の新『学び』論」をスタートします。東大受験マンガ「ドラゴン桜」「ドラゴン桜2」で数々の斬新な教育方法を実践する主人公・桜木建二が、新時代の「学び」を理論化すべく、識者に取材を重ね、思考を深め、その成果をまとめる企画です。

まずは東京大学総長の五神真氏に「知」の現状と未来のお話を聞きました。3日連続でお届けします。※以降、毎週土曜日に掲載予定。
少なくともここで例に挙げられている農業の事例は適切ではないというのが私の見解です。

スマート農業が小規模農家の生産性を上げているのというのは事実なのでしょうか?
農業専門誌で分散ロボットのデータを集約するOSづくりや小型廉価ロボットも取材してみましたが、実装して成果を上げるには先が長いと感じました。
少なくとも小規模分散型の農業が主流の東京都内ではセンシングやデータ集積が成果を挙げているスマート農業の例は一切見聞きしていません。

最近、東大農学部でスマート農業を研究していた女性が身近に農地を借りて新規就農しました。
彼女はスマート農業ではなく、試行錯誤と観察力を磨くことによる生産性向上の方にやり甲斐を感じています。
日本の農産物はすでに余剰気味であり、農業者が仕事としてやり甲斐を感じるためには徹底した効率化による稼ぎの創出か
消費者との価値共有による充実感かに2局化していくと感じますが、どちらかというと前者は今後の伸び代が少ないと思っています。
大学の存在意義は、学びの場であるとともに、研究の場であること。そして人格形成の場であるということがよくわかります。

意外にも人格形成という視点が抜けている大学が多い。
何を言うかよりも誰が言うか。東大総長の言葉は重みがあります。東大がしっかりしてくれると未来が楽しみになる
"人が求める価値は健康長寿、格差解消など、さまざまな課題解決です。モノではなくサービスが価値の中心となっていきます"
高齢化による介護問題、少子化による支え手の不足…。
未来は分からないという人もいますが、人口構造は確実性が高い未来で、そこから想像できる生活シーンはリアルです。

未来の年表が示す未来に向けて学びを変える。
とても意義がある取組ですね。
こんなインタビューも受けられていたのですね…

続編の内容も私はだいたい想像がつきますが、ぜひ多くの方に届くことを期待します。
いつの時代もこの心意気で!

『どうせ社会で生きていくなら、ルールをつくる側に回れ。自分で歩く道くらい自分で切り開け。』
孫正義育英財団で理事にもご就任いただいてる東京大学の五神総長の学び論。大学のトップという枠を超えて未来を見据えた国家論に近い。素晴らしいです。
この連載について
東大受験マンガ『ドラゴン桜』『ドラゴン桜2』で数々の斬新な教育方法を実践する主人公・桜木建二が、新時代の「学び」を理論化すべく、識者に取材を重ね、思考を深め、成果をまとめる。