新着Pick
65Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
安全保障上のリスクとファーウェイ排除のコストをどう天秤にかけるか。いずれの市場においても共通するのは、ファーウェイ排除によって5G網構築が大幅に遅れ、コストが跳ね上がり、なかんずく脱ファーウェイで5Gを構築したところで国際展開は望むべくもなくなる。
欧米連合と中露連合では残念ながら技術レベルに大きな差が出そう。正しいやり方ではなくても、現時点で世界で一番技術力を持っているのはHuaweiなので、欧米諸国の5G展開が遅れていくと予想してます。
コストや技術革新のスピードという「経済の論理」。業界団体の見通しなので当然、こちらが重要なのですが「安全保障の論理」でどう説得できるか。特に対欧州は難しいところ。
単純に技術&コストを比較してみれば、欧州勢に対して明らかにファーウェイ優勢。なのでファーウェイ制裁に伴って、欧米アジア諸国での5G普及が当初の計画より遅れることも十分考えられます。

一方、国内でダークホースの楽天はどうなのでしょうか。第4の移動体通信事業者として10月に国内携帯通信サービスに自前参入を予定しています。そのために米アルティオスターと資本提携関係を結び、世界初という4G/5Gの仮想化無線ネットワーク技術を採用。さらに国内用アンテナはNECと共同開発すると発表しています。実際のパフォーマンスや安定性・信頼性は未知数ですが、低コストの汎用ハードウェアを使い、ソフトウェアディファインドによる低コスト無線通信インフラについて、楽天としては国際展開戦略を描いているのでしょうか。
中興通訊(ちゅうこうつうじん、は、中華人民共和国・深圳市に本社を置く、通信設備および通信端末の開発および生産を事業とする会社である。 ウィキペディア
時価総額
2.26 兆円

業績