新着Pick
381Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは面白い。税金を10兆円かけて作った国営施設を使って特定の民間企業が商売をすることを許すわけで、宇宙じゃなけりゃ(そしてもしこれが日本なら)メディアの格好の餌食になりそうだけど、つまりは戦略的重要性のある宇宙産業を国がサポートする、ということですね。

民間の滞在は最大30日とのこと。NASAの宇宙飛行士は長期滞在が基本であることに代わりはないでしょうから、次のようなローテーションになるかと想像します。

民間旅行者は、行きはこれから長期滞在が始まるクルーと共に出発。宇宙ステーションに短期間滞在後、帰りは長期滞在を終えて地球に戻るクルーと相乗り。

いくらとるか非常にきになる。川上さん、3万5千ドルという数字の出典はどこですか?もし本当なら、超格安のように思います。確かソユーズで行った民間宇宙飛行士は1週間で数十億円払ったと記憶しています。

追記
川上さん、ありがとうございます。同じ記事で$50M per seatと書いてあるのでつじつまが合いませんよね。30で割ったら一泊$1.6Mなので、記事が間違っているか、なにかの勘違いか。ひとり$50M (50億円)のほうが現実的な数字だと思います。

追記2
川上さん:なるほどー、ということはNASAが受け取る額が一晩35000ドルということでしょうか。宇宙ステーションのコストに比べればタダ同然の額ですね。つまりこの目的は宇宙ステーションの運用費を捻出することではなく、純粋に民間宇宙ビジネスを助けることなのでしょう。
50億円ですか…
庶民には手が届きませんが、とうとう宇宙旅行も現実のものとなるのですね。
旅行で行く富豪の方もいると思いますが、企業で何か宇宙ステーションで実験をするというのもあるのでしょうか?

最近では宇宙ステーションでの食事も良くなっているらしいですが、豪勢なディナーとはいきませんね。
でも、せめて、地球を見ながらシャンパンで乾杯🍾!くらいはしたいだろうなぁ…
鍵になるのは確実に輸送系となります。うちも頑張ります。
国の光を見に行くのではなく、地球の光りを見に行くのです。国際観光でも国内観光でもありませんから、ビザはいりません。
お金の問題よりも希望者がメチャクチャ多そうなのでどうやって選ばれるかが大変だと思います。
宝くじを当てるより難しそうです。
でも、行ってみたいですね。
死ぬまでに一度は行ってみたい。宇宙側から地球を客観的に見てみたいなぁ。
南極も基地が観光客受け入れて資金調達してますからね。。。