新着Pick
874Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本でネットスーパーが広がらないのは、小さい国土に密度高く出店されておりぱっと買いに行けてしまうことが大きな理由と認識しています。根強いチラシ文化も、その日その日で行き先を選べるくらいスーパーの密度が高いのが一因と思います。コンビニも入れればさらに高密度ですね。

一方で、例えばバイクなどの配送網が充実している上海の都市部では、十分買いに行ける距離にスーパーがあっても、夕方にスマホで生鮮品を注文して会社や自宅で受け取るという購買行動が一般化しつつあったりします。アリババ系の高級スーパーフーマー の、半径3km以内30分以内宅配サービスが有名ですね。
https://newspicks.com/news/3366151/

なので日本でも、配送網の充実による宅配の利便性向上と、宅配だとなんかいい物を買った気分になれるとか楽しいって体験を付与できれば、普及し得ると思います。
特に前者はハードルが高いと思いますが、Uber eats のように一般の人が細切れに配達する動きも大きくなりつつありますし、都市部では何とかなるかもしれません。
2000年にカルフールが日本に進出した際、幕張にあった1号店の生鮮食品売場が結構イマイチだったのを見て、瞬間的に「これは続かないかも」と感じたのを覚えています。日本人の、総合小売における「生鮮食品への期待」って特別なものなような気がする。ライフとの協業でそれを満たせるのか。そして、果たして、そもそもAmazonにそれが期待されているのか。言い方を変えれば、ここを制すれば完勝だ、と。注目したいです。
アマゾンとライフが協業を発表しました。
詳細はまだまだ決まっていないとのことですが、ライフにとっては、配送チャネルを増やす手だてに、アマゾンとしては、在庫リスクを減らす手立てになりそうです。
さらに、このモデル他の小売と組めば、もっと広がりが出てきそうです。アマゾンが攻め切れていない生鮮分野の有効な一手となるでしょうか。
ネットスーパーは日本では非常に難しいモデルの一つ。高価格帯であればオイシックスグループ、低中価格帯であれば生協やイトーヨーカドーのネットスーパーが収益化し比較的順調。

アメリカなどと比べて、都市部においては、コンビニやミニスーパーを中心に稠密に店舗が存在し、受けられるサービス品質の要求水準が高いため、普通のネットスーパーのモデルは簡単に駆逐される。

楽天も自社でのネットスーパーはまったく収益化せず、クローズ寸前のところでコンビニやスーパーとの協業を見出したが、アマゾンはどうか。もともと協業モデルでの事業展開がうまくないうえに、アメリカのホールフーズと比べると、ライフではアマゾンのパートナーとしては役者不足の印象は否めないですね。 まだ次の展開があるように思います。
アマゾンからすれば生鮮は主婦層とのタッチポイントで、「儲け」をさほど重視しているわけではないようです。

今回のライフとの協業も、ライフに売り上げをあげてでも、アマゾン経済圏で生鮮を囲いたい狙いかと思われます。
食の便利さというのは実は進めば進むほど日常生活に味気なさが出てしまう面もあると思います。
例えば、近所の農家の直売所に行っておばちゃんと会話しながら買ってきた初物のナス
とか、家庭菜園を始めて早起きして畑にいき、ピッチピッチに輝いているレタスを収穫して朝食のパンに挟んで食べるとか。
便利さと真逆な食生活を想像するとむしろそちらの暮らしの方が贅沢で意識も高く先進的に思えませんでしょうか?

amazonという便利なブランドに食の世界までお任せしてしまうのは?ちょっと。。。という日本人の保守的な面が出ているのかもしれないと思いました。
在庫や配送網、スーパーの既存顧客をライフが提供し、AmazonがECノウハウとAmazon既存顧客を提供するという関係性でしょうか。
ライフのネットスーパー会員ですが、UX的な改善が劇的に進むのならば、利用頻度は上がると思います。
生鮮食品を起点とすることで、ライフの客層のEC化率も上がりそうです。
とはいえ、生鮮食品を買うことのエンターテイメント性もあるし、2時間以上待てないケースも多いですけれど。
最近は、東京青山の一等地に居住していても、買い物難民となってしまう時代です。
https://s.mxtv.jp/mxnews/kiji.php?date=46513648

買い物難民となってしまわれた方々をターゲットとし、生鮮食品だけではなく日用品も一緒に届けてくれるなら、普及していくのではないでしょうか。
その場合、移動スーパーとくしんまるがライバルになるのかと思います。
とくしんまるは、ドライバーの方による個々の人に対するサービスが素晴らしいので、とくしんまるに軍配が上がりそうですが、都心居住者をターゲットとすれば、勝算ありそうな気がします。
https://www.tokushimaru.jp/
生鮮食品は鮮度管理が難しく、常温・冷蔵・冷凍と、ラインの管理や配送も一括りに出来ません。また在庫リスクが常にあり(今回はライフさんのほうでそのリスクを持たれるとのことですが)、最初は需要供給のバランスをどう取るか、非常に難しいなと。食品のEC化率が2.64%とありますが、これは難易度でもあり、伸び代でもあるなも。

Oisixブランドも頑張って安心安全はもとより、宅配の会社から食を通したお客様の体験をより良い状態にしていけるよう、サービス開発、商品開発に力を入れていきたいなと。
鮮度が要求される食材通販は、仕入れルートを持つ企業と、デリバリー拠点が重要です。その両方を持っているのが日本ではライフだった。米国ではホールフーズ。

アリババのフーマフレッシュは、自社で構築し、30分以内のデリバリーを実現しています。

成功のポイントは、ライフ店舗にウェアハウス機能をプラスできるかどうか。デリバリー要員を常に確保できるかどうかにかかっています。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
106 兆円

業績