新着Pick
224Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「いつ死ぬかわからないから持ち家派」の碓氷です。
みなさん、ありがとうございました!
現役時代の青木さんとのスパーリングを思い起こし、楽しかったです ^^
私自身は持ち家派に転向したわけですが、みなさんそれぞれ好きに決めればいいと思います。そう言うと、身も蓋もありませんが笑

私の場合は、
・住みたい場所があった(まずはそこに賃貸で住んだ)
・住みたい物件があった(それは中古マンションだった)
・その物件には「出口戦略」もみえた
ということです。

崔さんが「一度、買ってみないとわからないなあ」と言っていましたが、体験を買うなら、中古マンションがおもしろいと思います。
中古マンションの多くは売主がプロではなく「個人」であり、「相対取引」なので、割安物件に巡り合う可能性があります(その逆ももちろんありますが)。

持ち家派に転向を考えた方がいれば、「人生で一度の買い物」と気張らず、現時点の身の丈にあった物件にして「ローン支払い/収入」比率を低めにおさえること、自分の収入が上がらないか10%くらい下がるようなつもりで、検討することをお勧めします。
その上で、出口戦略を持っておいて、また買えばいいのです。

少し前のものですが、番組中で紹介した沖有人さんのインタビューがこちらです。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/41136

よき人生を!
明日どうなるかわからないが大前提にあるので、持ち家を持つと自由度が下がるなと思うのです。いつ離婚するかわからないし、会社だっていつなくなるかわからないし、いつクビになるかわからないです。

自分を信用していなく、明日どうなるかわからないと思っているので、賃貸で身軽でいたいのです。

そもそもみなさん自分をそこまで信用してます!?
いつ死ぬかわからないから、残された家族のために団信加入の住宅ローン組んで、持家を持つという考え方もあると思います。
ほんといつ死ぬかわからないですもんね。気持ちわかるわあ。

どっちが得か損かを話してるから不毛な話しになるんですよね。問いの立て方が悪い。キュレーションメディアならそこを修正すべき。

古坂さんはよくわかっていらっしゃる。
この論争、突き詰めると人間として何を大切にして生きるかって価値観の話。賃貸でも持ち家でもアドレスホッピングでも、僕たちがいずれかを選択するとき、選べるだけの余裕が自分にも社会にも欲しいなと思いました。
一分共感できる。

わたしもこの先、40年自分の市場価値がいつ急落してもおかしくないと考えている。

持ち家選択の人は、よっぽど自分に自信があるか、何も考えていないか、どっちかだと思っている。
賛否あるだろうし、人それぞれですが、僕は持ち家派。
住んでる地域にどっぷり浸かっていて、地域のコミュニティにもかなり深入りしちゃってます。個人的にはそれをものすごく楽しんでいて、地域のお祭りで駆り出されてみたり、小学校と地域を結びつける役割を担ってみたり、地域のスポーツ大会の運営に携わってみたり。
昔の田舎のコミュニティみたいな感じを楽しんでますし、それに助けられている面も多いです。持ち家でずっとここに住むという気持ちがあってこその地域へのコミットかなぁ、と。
ま、ホントにこればかりは好き好きで、むしろそういうのが嫌な人もいると思いますけどね。
デフレ日本ならではの話。安定したインフレ率のある国では持ち家の方がいい。賃料はインフレに応じて上がっていくが、固定金利のローンであれば支払いは定額。