新着Pick
67Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ガチのミニ四駆世代として、ミニ四駆には小学生時代にモーターの理論やギアの特性、電池電圧、軽量化と剛性のバランスについてなど、機械に興味をもつきっかけを作ってくれたとても感謝するプロダクトでした。

個人的にはですが、未来のミニ四駆がプログラミングと組み合わせて、物理的なカスタマイズ(モーターやタイヤ等)とソフトウェアのカスタマイズ(プログラミング)を合わせて、昔開催されていたようなレースの小学生全国大会のような形ができると素敵だなぁと思っています。

プログラミング教材としてのロボットは多いのですが、既存のものは少し「教材」に寄りすぎているものが多く、みんなが競いながらミニ四駆を速くする、というゲーミフィケーションをより余興側に寄せ、あの当時の熱狂に近いイベントが演出できると、遊んでいてより楽しいと思うからです。
プラモデルは想像の具現化
なので、子供が入りやすいゲームやマンガ、ネット番組と組む
のが相性がいいです。この前近所のイオンにダンボール戦機(LBX)売ってたけどいまだに欲しかったです。
あと、僕は去年最新のミニ4駆とコースを買いましたが、まずミニ4駆本体は、デザインが30年前より劇的進化したものの、作るのが明らかに難しくなっていました。コースはやはりいまのご時世、家に置くのが大変でした。でもワクワクしたし、ものづくり的に勉強になったことはたくさんありました。
小学生時代はミニ四駆にハマってました!未だに工具箱にはミニ四駆が入っています。最近はミニ四駆ができるコースも見かけないけど、また街中でレースする子どもたちの姿が見てみたい。期待してます!
どハマりしましたね!
パーツを交換するとなぜ速くなるのか、電池を繰り返し充電しているとなぜ使用可能時間が短くなるのか等々、考えるきっかけをくれたのがミニ四駆です。
レッツ&ゴーの名シーン(壁走り、マグナムトルネード、ハンマーGクラッシュetc)を再現しようとして現実とのカベを感じたのは良い思い出です。
私の世代はやっぱラジコン。
感銘を受けたのは1/10ポルシェ959やセリカGr.B。
シャフトドライブ4WDなのはもちろんのこと、Gr.B実車のような前後サスペンションにホイール、ボディの造形。

当時4WDバギーならホットショットがあったのですが、そのシャシーを使わずにスケール感を重視して別物ってあたりのコダワリが半端なかった。
その分悪路の走行性能としては超ロングスパンサスペンションのホットショット他バギーには敵いませんが、フラットダートではテクニゴールドモーター搭載で抜群に速い。

懐かしい想い出です。
当時小学生の私は当然買えませんでしたが。
ミニ四駆は本体が500円でパーツが300円くらいでした。僕らの時代は「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」のアニメが流行っていました。

プログラミングとプラモデルは相性が良さそうですね。記事にあったタカラのプログラミングロボットは税込3,456円とお手頃です。
カムプログラムロボット工作セット(ガンメタル/オレンジ)
https://www.tamiya.com/japan/products/69922/index.html
ミニ四駆を懐かしむ皆さん、スマホゲーム化されたの知っていますか?https://mini4wd-app.bn-ent.net/
株式会社タミヤ(TAMIYA INC.)は、静岡県静岡市に本社を置く模型・プラモデルメーカー。世界有数の総合模型メーカーである。旧社名は「株式会社田宮模型」。 ウィキペディア