新着Pick
165Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トップが「あなたの仕事は8割を5割にすることです。達成に必要な年数とその実行のために一時的に発生する投資額見込みを提示してください」と明確にしないことが問題。企業トップに頼れないなら、金融庁はテック投資を加速させる企業に報いると明確にして、開示基準に入れるかしないとダメ。

その結果、「単純に予算母数を増やせば既存の維持管理比率は下がります」というファイナンステクニックでも構わないと思う。その場合その真水純増の補正投資期間を数年で切って、期間終了後はコーポレートからではなく事業部門から直接投資とする旨を明確にする。

会社全体も8割が既存のビジネスモデルや既存の商品ラインの維持管理で、新規へのリソースバランスは2割なんていうのは当たり前で実際にはそれよりバランスが悪い。全体の身体のバランスを意思を持って補正していかないと習慣病となる。
個別の会社にカスタマイズされた独自システムやモジュールの利用が多いことも背景にあるのではないかと思う。
今の業務プロセスと変わっても、標準パッケージを使って、またSaaS型のサービスに乗り換えられると、他社含めた多くのユーザーで開発費を薄められて機能進化も享受できるのだが…
水と同じ。
必要過ぎて、あるのが当たり前の可用性重視、固定費となるので大きなコスト掛けにくい。

しかも外注化し過ぎて、違うシステムでワークフロー組み立てられる人材がいない。評価すらできない。

深刻だと思いますよ。ちょっとやそっとじゃ現状から変わらない。