新着Pick
306Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
CxOは、あくまで入口であり手段。見える世界が変わる度に、その先でどんな価値を創りたいのか、何を目指すのか、というMission・Visionと志を持ち、体現しようとし続けることこそが大切だと思います。
徳谷智史さん、NewsPicksで鼎談ありがとうございました。
「CFOになりたい」が目的化している人と働きたいかと言えばそうでないでしょう。あくまでもCxOも、目的ではなく、その先を極めるための所詮は肩書に過ぎない、とのこと。

「ゴール」に到達したと思った時から退歩が始まります。
CxOに必要な要件がとてもよくまとまっていますね。ビジョンと能力(ケイパビリティ)のミックスが変わっていくという話は共感。

大企業やプロフェッショナルファームからベンチャーへ飛び込んで活躍している人たちを見るに、①創業社長との深い関係性、②個人的な体験から来るビジョンへの深い共感、③専門性をいかすためのリソースを引っ張ってこられる広いネットワーク、のどれかが必ずあるように思います。
CxOになる、ならないではなく、ビジョンや能力を体現できる人材でありたい。やるべきことに集中していけば、評価は同僚や上司、周りがしてくれる。
創業期はビジョンに心から共感し語り続けられることが、専門能力以上に求められる。とのこと。
ビジョンも能力も両方必要ですよね。とはいえ。