新着Pick
474Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
経営幹部として転職したい、または採用したいというニーズは前よりどちらも増えたと思います。

エグゼクティブ系のヘッドハンティング会社の業績も好調です。幸い当社も微力ながらスカウティングしていたり、スカウト専門の事業を別のグループで持っていたりもします。

資本家、社長、役員、事業部長
それぞれ兼ねている場合もありますが見えている世界、仕事の範囲、スキル違いますよね。

資本家になったお友達が多いですが近年は経営しながらいくつかエンジェルもケースバイケースではやるみたいな人が増加中です。

昔はエンジェルなんて言葉も聞かなかったですが。

ベンチャー、スタートアップ役員として転職する方法
https://keyplayers.jp/archives/7584/

キープレイヤーズの高野のエンジェル投資回顧録
https://keyplayers.jp/archives/6965/
エッグフォワードで、多くのCxOの方々と対峙し、同時に、個々のキャリア形成のTURNINGPOINTに携わる中から見える視点を記事にしていただきました。
これからは、組織に守られる時代から、個でキャリア形成をしていく時代。起業や、経営層になっていく方のキャリア形成は、過去とは常識が変わりつつあることを痛感します。CAP理論の要素など、是非参考にしていただければ幸いです。
今回CxOのゼミも持たせていただくことになりましたが、自らの価値を最大化し、世の中に前向きなインパクトを与えていきたい方とご一緒できればと思っています。
自分はCMO人材育成が関心あり、マーケターの学習コミュニティをつくっています。

説明責任+リソース獲得能力は、CMOに求められる能力で非常に重要だと考えています。

今では変わりつつありますが、まだマーケティング投資は、営業や開発投資と比較して優先順位が低くなることがあります。

そんな時に、CMO人材は、マーケティングの意味、マーケティングを通じて起こしたい変化、必要なリソースを、ステークホルダーに説明する力と役割が求められる。

これは全てのCxO職に共通しており、社内外へのストーリーを語る力は、専門スキル以上に大切になってくる。

上記の能力を身につけるために、クリエイティブ・ジャンプ=非連続的な変化をする経験を積むというのはわかりやすい!
CxOにはCAPが必要なのですね。CはCapabilityとCreative Jump、AはAccountabilityとAcquire、そしてPはPersonal Mission。これらの頭文字を取ると、CCAAP。キャップというより、カープ。鯉は滝を登って龍になる。
難しく書かれていますが、CXOになれるか否かは、「全社の経営視点」を持てるか否かだけだと思います。事業部部長は「その事業のみ」でも大丈夫ですから。

「特定の事業」だけであれば、自分が得意な部分の中でのみ活動すればよいかもしれませんが、「全社視点」となると、自分が苦手な部分も必ず入ってきます。

つまり「自分が理解できない部分」を適切に扱う能力をもっていることがCXOの資質だと思います。
個人的には、CxOという役職にはネガティブ派、です。CxOという肩書きがつくと、本人はどうにかしてその役割をやろうと躍起になるケースが多く、社内外からもその圧力(ポジティブなものより、むしろネガティブな)が強いケースを多々見てきました。個人の創造性は必ずしもそのCxOの方向性と同義になることはむしろ稀で、これは役職全般に言えることなのかなぁと最近思います。自分もCOOとかつくと人事やファイナンスのこととか少しマインド外して、執行することにフォーカスしがちになるので、CxOというものは自分の創造性発揮の観点から距離を置きたいなぁと考えてます。
日本のCXOは、事業の親玉、機能の親玉が多すぎ。そうではなくて、まずは経営者となってほしい。
スタートアップにとってCxOはラベルだと思っています。ラベル自体にあまり意味はなく、誰にラベルを貼るのかが重要だと思います。
極論、ただのラベルなので能力や責任を定義するものである必要はなく、その企業のアイコン的な人に貼るのが良いと思います。効果として能力は別にしてCxOな会みたいなやつに呼ばれやすくなります笑

ただ組織ガバナンスを意識するくらいの規模になると、能力や責任との関係性は意識せずにはいられなくなります。
多くのサラリーマンがCxOを目指そうとしたときに、一言でいうならば「経営目線で物をみながら、高度な問題解決を繰り返し、人を惹き付け動かす」を、レベルを上げながら鍛えていくと良いなと感じました。最後のPはビジョナリー、強いパッション、自己目標との一致などが要素に上がってくるのでしょうか。
CxOのxが何であれ、会社の全分野についてきちんと自分の意見が言えることが大切だと思います。役員会なんかで担当分野以外だまりこんでいるCxOで、社長と各CxOが1:Nの会話ばかりで、全CxOが参加する議論の場になっていないケースたまにみかけます。