新着Pick
846Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
JCBプリペイドカードに引き続いて、VISAのバーチャルプリペイドカードへ対応という事でしょうか。JCBは国際ブランドとはいえ、海外サイトの決済では使えない場所の方が多いので、日本国内は、JCBプリペイドカード+QP、海外サイトはVISAのバーチャルプリカという棲み分けでしょうか?

ただ僕は少しひねくれているので、そういうプロダクト的な話よりも、東京オリンピックの決済システムのスポンサーはVISAなので、オリンピック会場でも使えますよ!というプロモーションをやりたいLINE Payと、なんとかPayに入り込みたいVISAの思惑が合致したとか、今プリペイド対応してくれたら、プロモーション費持ちますよとVISAが持ち掛けたとかそういう事を邪推してしまいますねw
これにより海外での決済が非常に便利になりそうですね!
今朝の日経の記事でLINE Payのランクが低く少し意外だったのですが、そんな時に出た今日のニュースになります。
 リリースを何度か読んでも、それぞれの経済メリットはよくわかりませんでした。LINEはVISAの決済網に店舗開拓コストをかけずにリーチできるメリットがありますが、決済手数料を都度VISAに払うことになるのでしょうかね。続報を待ちたいと思います。
 なお、LINE株はこのニュースが出て一時上昇しましたが、結局前日終値比+0.3%上昇で引けています。
この部分が気になりますね
「既存のVISAカードをLINE Payに連携させて、スマホ決済に利用することも可能です。」
複数の話題について一つにまとめて書いてあるようで、分かるようでよく分からないのですが‥‥
この記事の記載内容が正しいとすると、要はこういうことでしょうか?
1.visaは「デジタル決済対応カード」なる新商品を出すにあたり、First issuerをLineとした。Lineは既にLine Payを展開しているので、JCBの次のブランドカード対応としてvisaを採用することとなった。
2.この「デジタル決済対応カード」はバーチャルカードである。
⇒そうであればvisa加盟店でもリアル店舗は対象外になるはずなのだが、
3.これは全世界5400万のVisa加盟店でLINE Pay決済が可能になると発表
⇒インドなどではブランドカードがQR決済が出来る国もあるが、全世界でQRコード決済は採用されていないので、決済Interfaceが何かは読み切れない
4.また、Line Payに既存のVisaカードを連稀させることが出来るようになる見込み
⇒これは今までクレジットカードとの連携が出来なかったLine Payで初めてクレジットカードとの連携が出来るということか?

以上がこの記事の解釈。
後は、両者の正式のプレスリリースを待ちたいです。
個人的には、かなり残念です。これをやると、結局はクレジットカードの呪縛から逃れられない感じです。

モバイルペイメントの利点は、クレジットカードとの決別であり、手数料の圧倒的な低減です。

一見、よい感じにもみえますが、個人的には歓迎できません。
やっぱり物理カードがあると便利かな。Kyashみたいに。
よくわからない。
VISAのカードをLINEにバーチャルカードとして登録できるという意味?バーチャルカードだけでリアル店舗で決済できるようになればめちゃくちゃ便利ですが…
LINEはスマホで使えるから便利なのでは?