新着Pick

東芝が復活を賭ける「地味な稼ぎ頭」の正体

東洋経済オンライン
同じ東芝の半導体事業で、業績の明暗が大きく分かれている。東芝は2018年6月に、虎の子だった半導体メモリ事業「東芝メモリ」を売却した。当時は東芝の営業利益の大半を占めており、反対の声も少なくなかったが、…
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事にあるように、パワー半導体は少量多品種生産。あとは、名前からも伺えるように電気変換に使われるので、耐久性が重要で、パッケージングなどの後工程に付加価値がある。
一方で世の中でEV含めて電力活用が増える中では、規模を大きくして、コストを下げていくニーズも増えてきていると思う。
過去の半導体産業の歴史で、その規模拡大、財務力も活用した設備投資競争(適切なタイミングで突き放す)ことに、日本は残念ながら失敗してきた。
日本だと三菱電機や富士電機、あとロームが強い領域。海外だとInfineonやSTMicro、Vishayなど。個人的には海外より先に再編をして、多品種少量・高付加価値で戦うところと、大量生産・低コストの両面戦で勝ち抜いてほしいと思う領域。
株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.76 兆円

業績