新着Pick
122Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この手のランキングを見るたびに、いつもため息が出てしまいます。

中高一貫校は大学受験の予備校じゃありません。

多感な6年間をどのような環境で過ごすのかという、大局的な見地に立つ必要があると思います(とりわけ親は)。
そういう意味では、中学や高校から「入試組」が入ってくるなど、生徒の多様性や、学校自体の「伝統力」なども考慮に入れるべきでしょう。

また、開成高校を始めとする難関高校では、海外の有名大学を目指す傾向が強く、TOEFLの対策授業もなされているそうです。

参考になる指標であることは否定しませんが、重視しすぎるのも問題だと思います。
6年過ごすのですから、その学校が、子どもの学力も校風もあっていなければなりません。

まず、学力のレベルが合うこと。あまり無理して背伸びしても、入学してからがキツイです。
残念ながら試験で失敗し、自分の学力よりかなり低いレベルの学校しか受からなかった場合、入学してもおもしろくなく、結局高校を受験し直す人もいますから、他の要素でその学校に入学するか公立にするか検討することになるでしょう。

そして校風。むしろこちらの方が大事かも。
子ども自身、多少厳しくても、学力を伸ばして、より偏差値の高い大学に行きたい、というのであれば、面倒見のよい学力向上重視の学校がよいでしょうし、将来留学や海外での活躍を希望しているのであればグローバル重視の学校、自由な学校がいいなら校則がなく自主性を重んじる学校、などなど。
私も中高一貫校で、大半がそのまま付属の大学まで進学する環境で育ちましたが、学力には全く自信が無いものの、共創精神みたいなものは養われたと思っています。思春期に友達と争う必要が無く、日常生活にも割と自由な時間が多かったので、楽しい事はシェアして盛り上がる、嫌なことはシェアして皆で解決する、といった感じです。学校の先生曰く、中高一貫卒は起業家やイノベーターになる傾向が強いとのことで、共創精神を養える結果なのかと勝手に思っております。