新着Pick
545Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
弊社(株式会社TimeLeap 旧Hand-C)が行っている子供向けの実践的な金融教育について寄稿しました。

記事中でご紹介した、私が通っていた小学校の授業について補足します。毎年文化祭のようなイベントを開催する季節に、小1〜小6の縦割りでチームを作り、サービスを企画してビジネスをします。例えば物を売るのであれば仕入れ先にメールを書くのも、買い物やダンボール(資材)集めなども自分たちで行います。
イベントのために各チームが使える予算は限られているため、家にあるものを使っていいかと家族に交渉したり、学校にあるリソースを使いたいと先生を説得したりするチームもあります。物を売る系だけでなく、参加型ゲーム運営や出張音楽活動など体験提供も。このイベントで得た収益の使い道も自分たちで決めます。自分たちが学校で必要と思うものの購入に使うか、ガーナの子どもたちへの支援金とするか、など子どもたちが話し合いで合意形成していきます。

このように子どもたちが企画から実践までの小さなビジネスを体験することは、お金について学べるだけでなく、人が生きていく上で必要な様々なスキルを養うことに繋がります。弊社のお金教育の取り組みの根底にあるのも、まさに同様です。

弊社取締役のピョートルフェリクスグジバチと共に、我々の考え方についてお話ししている記事もnewspicksさんに掲載いただいております〜お時間ある方はぜひ読んでみてください^^
(マネー教育についても触れています)
https://newspicks.com/news/3728895/
記事を読んでいると、経営に関する授業の用に思えます。

しかし、経営というのは、出資や借り入れで集めた資金を大きく増やすことを目的としているので、一般的に思われている「金利や投資の話」などより実践的でしょう。

実践的な経営の授業、とってもいいことだと思います。
家庭教育においても、学校教育においても、あるいは民間の有志の会社による教育においても、早期の金融教育については知識よりも金銭感覚を自然と身につけられるようにするのを重視したほうが良いと思います。その点から考えると、ここで紹介されているプログラムはとても興味深い取組みですね。

本稿でも説明されている通り、日本は相対的にファイナンシャルリテラシーが低く、金融教育が普及しているとは言い難い状態にあります。そのため、どのように取り組むか以上に、まずはこれに対する問題意識が高まり、様々なアプローチでの取組みがなされることは良いことに違いないでしょう。こういった取組みが一定以上揃ったところで、どのカリキュラムが適切か等の取捨選別がなされるのが理想的だと思います。段階を踏む必要があるかと。
いいですね!お金とは一生付き合うものなので、早くから正しい理解をしておくのはいいことが必要と思います。
さらっと読み流してしまいましたが、
”高校1年生で自身の母校である湘南インターナショナルスクールを買収”
ってなんが凄すぎ。