新着Pick
351Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
5月のIRデーの発表では、2020年までの3年間でソニー全体で1.2兆円投資する計画で、これまでの1.1兆円からセンサー投資を増加させる方向で0.1兆円増加した(下記)。
そういう意味では自然だが、記事にあるように既存建屋内での増産ではなく、新棟建設によるキャパ増というのが新しいし、本気度を示唆している。ただ新棟で1200億円って少し小さい気もする…わざわざ新棟を建てるという点では、必要であればもっと投資をできるスペースはあると思う。
2021年稼働予定とのこと。
https://newspicks.com/news/3911043
素晴らしい勇敢な判断!
過去、半導体や液晶で、投資で負けてしまった日本企業。
ある意味、「やるか?やられるか?」です☆彡
ついに決めたのね。コンテンツ増は確かにあるかもしれないが、自動車部品もそうだけど、組み込まれる完成品の台数が出ないと利益率が芳しくないなんてこともあり得ると思うが。車載の用途開発をしっかりやってそっちでも稼げるようになって欲しいね
ソニーは世界で輝いていてほしいです。
バブルが崩壊してから日本の製造業がパットしていません。
投資を中途半端にすると、直ぐに置いて行かれます。
これからも必要な投資をしっかりして頑張ってもらいたいです。
上位機種ではソニー、下位機種ではSamsungのイメージセンサーを搭載、となるパターンが多い。
理由の一つに画素数が同じでも、4つの画素を1画素として処理(4,800万画素なら1,200万画素相当)、意識して低価格帯も狙うSamsungの戦略があると思います。

ソニーは低価格帯でシェアを取れているのか。恐らく取れているのでしょうけど、台数ベースでも金額ベースと同等なのか気になる。

Samsungが先行して6,400万画素のイメージセンサーを発表。画素数が全てではないのは承知ですが、そこはやっぱりイメージも重要になってくる。
ソニーが技術的に上との評価であっても、SamsungのGalaxyもカメラは高評価であり(ソフトウェアの処理もあるが)、大差あると考えない方が良いかもしれない。

僅かな差の積み重ねが、ソニーに良い結果として出ているのなら、金額ベースのシェアを診て安心は出来ないかな。
Appleが新社屋を建てたときみたいに我々はビルを作るんじゃなくて街を作るんだみたいなデカいぶち上げ方をして更に諫早を選んだのは世界一センサー映えする最高のテストフィールドだからだみたいなこと言って世界中からハードやらソフトやらのエンジニア呼んでしまえばいいのに。

業績