新着Pick
325Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
楽天ネットワークの鍵は仮想化。今回の話はエッジの基地局アンテナの話でコアの部分ではない。この部分はNECだけでなくマルチベンダーでコスト削減を推し進めるのだろう。コアの部分はエリクソン、シスコ、ノキアといったグローバル勢と想像される。中でもフル仮想化の要となるvRANには、アルティオスターを採用するだろう。このために楽天は戦略的資本提携をし、楽天モバイルネットワークのCTOであるアミン氏を取締役として送り込んでいる。彼はインドの新規参入キャリアであるジオにおいて、1年半で2億人の契約者を支えるネットワークを構築した経験を持つ。楽天ではさらに進んだ方法で構築をリードするだろう。
記事によると、楽天とNECで無線アンテナの設備を共同開発し、NECは無線機を供給するのですね。5Gについては信号機を基地局とすることが認められましたし、社会実装に向けていかにコストを削減するかのフェーズにあると思います。楽天とNECは低価格インフラで組みましたが、今後も新しい取り組みは発表されそうですね。楽しみです!
重要なkeywordは、仮想化ですね。
そもそも楽天が参入できたのもこの技術の
おかげではないかと思っています。

いわゆる、ハードでなくソフトで問題を
解決しようと言う、いわば今まで日本が
やられてきた事をやり返す感じですね。

諸行無常ですね。もしかすると、
余りにもスマホで成功して次の波に
乗れない会社も出る、みたいな未来も
あるかも知れません。

経営の一寸先は闇であり、常に自問して
変化し続ける事が大切と思わされます。

成功を祈念しています。
最後発の楽天だからこそできる、新技術の導入や新パートナーとの提携。
最初は、冷ややかな目で見られていた三木谷社長。今は、180度変わって、期待の目になってきています!
NECの名前を、こういう画期的な取組みの楽天のパートナーとして聞くのは私の記憶の中では初めてです。
海外展開も視野に入れているとのこと。
かつてインターネット革命の時のリーディングカンパニーの一つだったはずのNECです、是非頑張ってもらいたいですね。
基地局の中でもアンテナ回りの話。一番注目されている仮想化部分はAltiostar(下記)。
https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2019/0212_05.html
ソフトウェアアプローチもシスコで具現化してくるもの(楽天は副社長元シスコ日本代表の平井さんでシスコ社近くインド事例等踏まえて)と思ってましたが、Nですか(チョット意外感ありますが国内勢ソリューション採用は素直に嬉しく期待してます)。
仮想化前提で、基地局設置後の運用に関する技術も含めてなのかな。
設置コストの安さも強みになるのだろうか。

本文より引用
“通信4社が総務省に提出した5Gの展開計画をもとに試算したところ、基地局1基あたりの設置コストは楽天が約820万円と最も安く、NTTドコモの1~2割の水準だった。NECと組んだ技術などを生かし、コストを減らす”
NECは米中対立でHuaweiなどのビジネス展開に壁ができつつある中、画像認証や通信ネットワークで恩恵を受ける立場に変わった気がします。NECとサムスンとの5Gでの提携もあったと思いますが、コストダウンがNECの胴元の一つであるドコモや世界のキャリアに波及してほしいと思います。
この記者だけでは詳しくない者には疑問だらけになるが、NPのいいところであるコメント欄は、こんな記事にこそ役に立つ。村上臣さんのコメントは有難いです。
日本電気株式会社(にっぽんでんき、英語: NEC Corporation、略称:NEC(エヌ・イー・シー)、旧英社名 Nippon Electric Company, Limited の略)は、東京都港区芝五丁目に本社を置く住友グループの電機メーカー。 ウィキペディア
時価総額
1.19 兆円

業績

業績