新着Pick

中国、レアアース輸出規制の強化検討 「戦略資源」保護目指す

Reuters
[香港 4日 ロイター] - 中国国家発展改革委員会(NDRC、発改委)は4日、レアアース(希土類)に関する輸出規制の強化について検討すると明らかにした。「戦略資源」と位置付け、資源の保護や有効活用を目指すという。
54Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
埋蔵量は世界の三分の一程度にとどまるものの、生産量では世界の80%を占める中国産のレアアース。1990年代半ばころまで米国と中国の生産量は拮抗していましたが、その後中国が生産量を増やしつつ安値攻勢で他国を駆逐する一方、米国は生産をほぼゼロ近くまで落としています。時間をかければ米国その他が環境負荷を改善しつつ製造設備を整えて対応することが可能でしょうが、中国がこれを武器に米国をはじめとする各国に自国への帰依を迫ったら、当面の混乱は避けられないように感じます。
中国にとって、当面は強力な効果があるが、一旦使用に踏み切れば、やがて威力を失うに違いない微妙な“兵器”。取引額自体は年間数千億円から1兆円程度に過ぎないと聞き及びますが、中長期的なシェアを失いたくはないはずの中国が、どの程度本気でこれを武器に戦うのか。匙加減は微妙じゃないのかな・・・ (@_@。
米国の中国製ドローン排除にまた一歩近づいたかもしれませんね。
代替品の開発が再び加速しそうですね。