新着Pick
37Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リーディングエッジスラット(前縁スラット)は主翼前縁にあって,離着陸時に前面に展開して主翼面積を拡大しする高揚力装置.主翼後縁についている高揚力装置のフラップのほうが良く知られているかもしれません.問題になっている部品は,細かいことは分かりませんが,スラットを前面に押し出すアームのような部品だと思います.
小さな欠陥では済まないかもしれません.2007年に那覇空港でチャイナエアラインの737-800(偶然にも同じ機体)が,着陸してスポット停止中に爆発炎上した事故を覚えているかもしれません.原因はスラットのアームの先端にあったボルトが脱落して,スラットを格納したときに主翼の燃料タンクを貫通.燃料漏れを起こしたことにあります.
今回問題のスラットトラックも,折れると,最悪,機体を破損し,燃料漏れを引き起こす恐れがあります.あるいは,片翼側だけ動作しなくなって,空力的な不釣り合いを引き起こし,飛行に支障(墜落はしないと思いますが)を生じる可能性があります.耐空性改善通報に該当するかもしれません.
昨日は国際航空運送協会が、ボーイング「737MAX」の運航停止措置について、各国別々に決定されたことで認証制度の信頼性が傷つけられたとし、今後は各国が協調して対応するよう求めたとも報じられていました。
https://newspicks.com/news/3944407
小さな欠陥の記事で大きな問題を隠そうとしているようにも感じる記事。
考え過ぎか?
こないだ乗ったばっかり。。。(^^;)

「737-600~900を含む737NGシリーズ」