新着Pick
229Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
預金と同じ誤解は海外の銀行窓口でも同じです。。早期解約リスクと為替リスクをしっかり説明して欲しい。
もちろん為替リスクの説明が不十分なのは間違いなくダメ。
しかし、利回りを獲得するためには為替リスクやクレジットリスクなど、なんらかのリスクを取る必要があるということは、ぜひ理解を広げていきたい。
日本の10年国債の金利(日本の信用リスクをとって10年後に返済される借金)が0%以下という現状に置いて、金利商品を日本で実装するためには何らかのリスクを取る必要があることは想像に難くないはず。
実態は知りませんが、銀行窓販ではリスク承諾文書に署名をもらうはずですし、手数料の開示も示されているように思います。最近銀行支店長が売り回るようなことも減った印象です。それでも入れているのは、リスクテイク意欲なのか、無理に販売した結果なのか。もう少し実態を知りたいと思います。
 ちなみに、予定利回りの表示を実質ベースで(低く)表示する動きが進んでいるようです。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40920280V00C19A2EE9000/
OGAWAさんが書かれているようなことを、経済の基本を知らない、たとえば円高と円安の意味も知らないひとに分かってもらえるように説明するのは、大変なことと思います。

それを、途中で「分かんないから、もういいや」と言われないように説明しきるのは、なかなか厳しそうです。

さらに結局、環境変化による損失リスクを説明されても、みんな知りたいのは「じゃあ、それは起こるの?」ということではないでしょうか。

私も知人に聞かれたことありますが、たとえば○年後の為替水準なんて、説明できないですよね…。1年後ですら外れることあるのに。過去はこうだった、とは言えますが、こうした説明は、損したひとからすると「聞いたのにごまかされた」となるのではないでしょうか。

説明が十分って、結構高いハードルだと思いますが。
販売時の説明不足が指摘されている外貨建て保険の販売が過去最高になったとのこと。過去最高になっていることがいいことなのか疑問を感じる。
日本人のマネーリテラシーはなかなか向上しませんね。