新着Pick
326Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
就活は、自己分析や企業分析について受け身で学ぶ機会は機会はほぼなく、なんとなく調べて自己流や友達との情報交換で頑張る人が多いです。
だから周囲の友達からの情報やスピード感に一番影響される為、学校や学部やゼミによって差が現れると思います。

その為、このようなエージェントは、どうしたら良いか分からないと考える学生にとってニーズが高いのは理解できます。
メタ認知を行なったり、自分と社会や企業との接点を客観的に探すきっかけとして、学生がうまく利用すると良いと思います。
企業からすればサーチコストが抑えられ、良いエージェントだと学生と長時間向き合って理解した上で紹介していただける。学生からしても、一度の面接で落とされて力を出しきれなかったということが減るはずで、良い流れだと思います。加えて、良いエージェントはしっかり学生の能力を鍛えてくれます。

良いエージェントならね。ただ単に学生を囲って企業にバンバン紹介してマージンを稼ごうとするエージェントもある。
否定はしませんが、働くことについて理解を深められていない教育と自社が求める人材像を描ききれていない企業があるから成立しているサービスです。

就職時点でのマッチング成立率は高いと思われますが、既存の就活システムが前提になっているので、定着率まで見たときの効果は分かりません。

面倒なことは省いてコスパで安心したがる両者の心理を突いています。
講座に参加すると取れる免許があれば事業ができるため参入障壁が低く、ベテランのエージェントから社会人1年目まで玉石混交しています。
 
学生は「良いエージェント」「悪いエージェント」を判断する力に乏しいため、エージェント側の事情で物事が進むといったトラブルがある程度の確率で起こるこっています。
 
どんなサービスも利用者次第だと考えています。自分自身で仮説検証できる人には向いていますし、判断を委ねがちの人には注意が必要です。
特にエンジニア就活などはいいですね。圧倒的な売り手市場ですし。良いサービスだと思いますし、当然あるべきだと思います。

しかし、中小から大手まで依頼する企業は広がったとのことですが、いわゆるブラック企業の依頼も仕事なら受けるわけですから、「入ったらブラックだった」とか「エージェント経緯で入社した学生が5日でやめた」みたいな場合は、お金はどうなるのだろうか?

中途人材のマッチングと同様、年収の何パーセントをマッチングしたらもらうというビジネスモデルなのでしょう。焦ってマッチングを強制的にさせるようなことがないといいですね。または内定辞退できないとかの強要もないのかな。学生も仕組みを知ってうまく使って欲しい。

学生の最初の就職なのですから、ここに行けば「ブラックは紹介されない」みたいな評判のいいエージェントが増えるといいのですが。
新卒エージェントは一長一短あると思っています。「仕事(会社/業界/職種)」という情報が極端に少ない学生に、プロが寄り添うという意味では確かに良いのですが

一方で、学生とエージェントの情報の非対称性が強すぎて「自分の頭で考えてる風だが、実はエージェントの狙い通りに価値観や志向性を刷り込まれている」という学生が多く見受けられます。

要するに「純粋無垢な分、影響を受けやすい」ってことです。
新卒エージェント、増えてきましたね。記事には料金が書いてないですが一人決まると数十万後半から100万くらいの印象ですね。中途エージェントの相場が年収の30%くらいとすると、年収次第ですが同じくらい~やや安いという感じでしょうか。優秀学生を囲いこんでいると、イベントのコラボなどでも重宝します。人手不足で売り手市場なこと、新卒中途は分けるべきではない、という風潮になってきていることもあわせて考えるとどんどん増えていくんでしょうね
ハイクラスですと一人、180万くらいの採用コストになります。業界のアベレージはどうでしょう100万くらいかと思われます。

投資先のスローガンもおかげさまで多くの求人ニーズをいただきながら成長を遂げています。

これだけ求人が多いと相談したくなるもの。企業も力のある人を是非とも採用したいと。採用の獲得競争が激しくなっています。

わたしが学生だったのは90年代ですが、当時社長だったインテリジェンスの宇野さんは、採用に3割の時間を割いていると言っていました。

やはり本気で採用している会社は伸びますね。
新卒エージェントサイドがどれだけ学生側にたてるかが存続にかなり関わりそう。ただこの記事にも書かれているあなたの大学では無理などと伝えられた時に正規ルートではそうかもしれないが、知恵を絞っての戦い方もあると思うのでそういう戦い方も大事だと思う。
なぜ今までなかったんだろうと思うビジネスですね。沢山の需要がある様に感じられます。就職活動って、指導してくえる人や仲間が居ない個人戦なので、この様な形で適切にサポートしてくれる仕組みは学生にとって、とても貴重なものだと思います。このビジネスのKPIは内定率ではなく学生側の満足度にできると、より素晴らしいサービスになりそうです。