新着Pick
2008Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここまで眼前に「未来」を提示されたのは初めてかもしれません。

まずはとにかく動画を見ていただければ幸いです。HoloLensの発明者であるアレックス・キップマン氏は、私が長年お会いしたかった未来テクノロジーを操る鬼才です。

ただ、キップマン氏の凄みは、単なるデバイスの発明者ではなく、自らが実現したい世界に向かって、あらゆるデジタルテクノロジーを融合させて実際にその世界を作り上げていくその創造性にあると感じました。
去年か一昨年か対談したときも非常に面白かった.やりたいことがあってやることがある人が好きです.
MRを理解したい人はこのビデオは必見です。アレックスが言う通りAIとMRは両輪。クラウドとエッジが交わることで魔法は起こる。Oculus QuestにHoloLends2、ポストスマホ時代は目の前にきている。今やるか、まだ先だとして見送るか。2007年iPhoneが発売した時に似ている。勇気を持って挑戦した起業家が大きな果実を得る!
テクノロジーにかかわるものとして、アレックス・キップマンと同じ時代に生きられていることに感謝。
彼は、テクノロジーの専門家としてだけではなく、人間としてもとても尊敬できます。
そして、何よりも本人が本当にワクワクしながら仕事に取り組んでいるのも素晴らしい。
最高です。

※見出しで「携帯は冬」ってなってますけれど、文章を読むとアレックスは「夏」と表現してますね。冬になってるのはメインフレーム。
Kinect、HoloLensを生み出した鬼才アレックス・キップマン。彼の思い描く未来は本当にビジョナリーで魅力される。彼が語る高い解像度で紡ぎ出されるテクノロジーの未来の話は必見です。エッジとクラウド、これらの真価が5Gとともに解き放たれる。presence はこれからさらにイノベーションが起こる分野。石黒先生が精巧なアンドロイドでアプローチしたり、MRを使って実現する方法もある。これらはインターネットにより時間と場所を超えてコミュニケーションができるようになった以上のインパクトがあるだろう。
テクノロジーは、活用することにより誰でも平等に人の可能性を広げてくれるものだと思っています。

”テクノロジーは、社会をより民主化し、人々をアクセスできるようにし、人間が学習することを助け、コミュニケーションや仕事の在り方を変えた美しいメディア”
ホログラムで自分の分身を作る。そのホログラムを戦わせたり、他言語を話せるようにすることができる。すごい技術です。

自分がトランプだったら、こんな感じの人間になるとか、自分がもっとポジティブ思考になれば、彼女へのアプローチがこう変わるとか。いろいろとシミュレーションできそうです。

違う自分と出会える。そこから新たな自分づくりに挑戦しようというモチベーションも生まれます。
テクノロジーが我々に与えてくれる力をいかに発展させ、活用していくか。

既に始まっているテクノロジーが我々にもたらす没入感、フロー。そして、そのようなテクノロジーを人間が受け入れていくプロセス理解が求められますね。

未来のお客様、今のお客様が求めていることもこの記事は示唆してくれているように思います。
世界のマジョリティーは現場の最前線にいて、その人は空間を通じて作業を指示できるホログラムの方が助けになる。という旨は問題解決前提であり、その点確かに意外と早く普及しそうな感じがしますね。
動画のホログラムの実在感がすごい。ここまで実在感があると「仮想」というよりも、そこに存在を認知されるという意味では「実体」であり、肉体性が伴っているかはどうでもよい、むしろ情報を送れば良いものをわざわざ肉体自体を移動させることが手間であり余計な労力である、という落合さんがよく話していた世界に近づくなあ、と感じました
この連載について
テクノロジーの話題に関する特別インタビュー
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。 ウィキペディア
時価総額
155 兆円

業績