新着Pick
337Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
私が零細スタートアップに携わっていた10年程前と比べて、スタートアップに流れる人材の層は格段に厚くなったと思います。両氏のご指摘の通り、それに紐付いて競争環境は激しくなることでしょうが、マクロ視点から見れば新興企業全体の底上げ、質の向上といった点で非常にポジティブなことだと思います。

一方で、こと個人の身の処し方、幸福、自己実現に目を転じると、世間の耳目が集まる一丁目一番地での競争に興じることが必ずしも良いとは限りません。
抜きん出ることができるかどうか、桁違いの成果を得られるかどうかは、自身の能力以上に、戦いやすい競争環境を選ぶこと、弱い相手を見つけることにかかっています。
10年前の日本であれば、それがスタートアップの世界でしたし、私自身もその点は強く意識していました。

「競争は敗者のためのもの」とは、他ならぬスタートアップの権化のような存在であるピーター・ティールの言です。
メジャーリーグのベンチウォーマーであるよりも、地方独立リーグの三冠王の方が、ひょっとしたら幸せかもしれません。

もっとも、そんなことは百も承知でそれでもなお、自身のアニマルスピリットを抑えられないのが生粋の起業家という生き物なんでしょうね。
「メジャーリーグ化する」という表現が分かりづらいですが、私は「ごく一部の巨大市場において、経験のある起業家たちに資金が集中し、それらがガチンコで戦う様」と解釈しました。

とはいえ、日本の市場だけを見ていると、残された巨大市場なんてそう多くは無いので、その裏側では草野球やリトルリーグの試合が行われ続けていく訳です。最近のベンチャー投資を横目で見ていると、これらの草野球やリトルリーグに中規模の投資をするケースが増えていると感じます。

いづれにせよ、スタートアップで失敗しても大したリスクにはならないというのはその通りなので、資金が集まりやすい今の時代を最大活用するが吉ですね。
コメント出遅れましたが 汗
大リーグ化する=大競争時代になるということだが、スタートアップ業界が大きくなり、成熟化するということで、総論良いことだと思っている。
起業家の争いがメジャーリーグ化するとなると、ベンチャーキャピタルもスケールアップする必要がありますね。だからこそ、最大50億円投資できる360億円超のファンドを組成し、ビジネススクール、G1そしてG-STARTUPなどの強力なエコシステムを構築しています。これからのVCは、更にパワーアップしないとメジャーでの戦いでは取り残されていくでしょう。いい対談でしたね。(^^)
私はフィリピンのセブ島で起業していますが、大リーグ、すなわち世界選手権なので大変です。日本国内だけを見ていれば日本語バリアはかなり強力なので、なんとかなります。しかし、英語で勝負すると、世界中のプレーヤーとの競争です。
しかし、ワクワクするのも事実です。ここに書いてある通りビジョンをしっかりと掲げ、魅力あるビジネスを作れれば人が集まってきます。
英語で勝負していれば人材も世界基準で集まってくるので強いチームになります。
ただし、セブ島は田舎過ぎて資金は集まってきませんが(笑)
パッションとビジョンという話だと、仮さんが先日日経のインタビューで語られてたことがspot onだと思いました。「平成時代は事業を急成長させて、新規株式公開(IPO)するなど、財務的成果をはやく出すことが評価された。だが平成の終わりごろから、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」や環境・社会・ガバナンスに配慮した「ESG投資」に世界は注目。機関投資家やVCは、新興企業にもこれらへの対応を求めるようになった。「社会性を持ったユニコーン(企業価値10億ドル以上の未上場企業)を育てる機運が高まりそうだ」という」
野球の世界でも、いきなり高校からプロに行って通用する人もいれば、大学リーグに行ってから通用する人もいる。メジャーリーグで活躍する大谷選手ですら、いきなりメジャーに行って活躍したかと言われたら、分からない。つまるところ自分の今の実力値を把握しながら差分を埋めてくしかない。誰しもがいきなり過激な生存競争の世界にある必要はないし、競争の世界で生きる必要もないなぁと。
あと一歩とまではいわなくても、企業価値1000億円とかがそれなりにリアルなものとして見えてくると、端的にいうと、成長スピードのキープと加速のために、いかに上手にたくさんのお金を投下できるかの勝負になってくる。広告然り、採用然り。

つまりはそのコンディションがメジャーリーグでもあり、F1でもあり、戦争でもある。まずは10億〜20億円、先には年間50億円から100億円くらいをフルスピードでうまく遣える体制と構造を作らないといけない。

リスクを取りすぎて成長がストップしていまうのは論外として、コストパフォーマンスを追求し(すぎ)て多少の効率があがったところで、スピードが落ちたり歯車が狂ったりしたら、それはもっとダメ。前のめりにいこう。
こちらの例えにでてくる劉備が優秀な仲間をたくさん集められたのは、漢王朝の再興という大義名分があったからです。

「ユニコーン or die」の時代なのであれば、大義名分をなにも持たない若者は、とりあえずメルカリに入社して、メルカリが大企業になったときに「熱かったころのメルカリをもう一度」というテーマで、強いスキルとネットワークとともに起業するのが一番の勝ち筋なのでは。

ベンチャーから大手になった会社はたくさんあるので、そこで5年から10年くらい経験積んでも起業は余裕で間にあうし、ユニコーンをつくれるマーケットを見つける目も養われると思うのです。
専門的な人たちしか気付いていない業界の深い課題
解決までに時間がかかるハードな領域
これから土壌ができあがる新興国
このいずれかを狙っていかないと模倣スピードが早すぎてかなり熾烈な戦いになる印象。

カジュアルな領域をやるならここにも書かれているように一度実績を出して、資金も人も集まりやすい人が一気にマーケットを制圧する戦い方をしないと難しそう
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。

業績