新着Pick
256Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
高宮さんと仮ちゃんとの対談記事を拝読するのは、とても興味深いです。(^^)

ちなみにグロービスキャピタルは、基本的にアソシエイトとして入社して、投資で結果を出してからプリンシパル、ディレクター、パートナーへと昇格する。結果が出なくて(あるいは他の理由で)去っていった人も少なからずいるのは事実です。

仮屋薗氏はアソシエイトを経験し、今野氏もアソシエイトから、高宮氏だけはMBA持っていたのでシニア・アソシエイトからスタートした。

そして3人とも結果を出して着実に昇格して、現在では4人(僕を含めて)パートナー制となっている。当然4人で固定することは考えておらず、こらから新パートナーがグロービスからどしどしと輩出されると思うし、リタイアする人も出てくるだろう。僕と仮氏が8歳ぐらい違い、仮氏と今野・高宮両氏が8歳ぐらい違う。そして、その次の湯浅エムレ氏、福島氏、渡辺氏が数歳違って今育っている最中です。そしてその次の20代世代も採用し、一緒に投資をしながら学んでいます。(^^)

希望者は、ぜひグロービスキャピタルの門戸を叩いてください。大歓迎です!
資金も人材もスタートアップに流れるエコシステムが形成されてきている。

次の課題は多様な人材(特に海外の人材)を入れ込むことなのだと考えています。

下記は日経記事の引用です。

"変革を起こすためには、海外の人材の活用をもっと考えたほうがいいでしょう。私が知る中で最も成功しているのはカナダです。優秀で変革を起こせる移民を積極的に受け入れ、スタートアップが次々と生まれています。カナダに加えて、シンガポール、ニュージーランドの3カ国が今後成功すると私は見ています。"

[リスク取らない日本 スタートアップの文化に障害  :日本経済新聞]
(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45367420Y9A520C1000000/)
過去のスタートアップバブル、弾けてペンペン草も生えないという状況とは、今回は全く違い、日本のスタートアップ、VCエコシステムは不可逆な閾値を完全に超えたと思っている。

次の10年で見るとスタートアップ同士の競争も激化し「ユニコーンor die」になり、国家戦略の「イノベーションor die」となり、スタートアップ大競争時代になると思っている。
ユニコーンかの大きな要因である資金供給がかなり改善している日本の状況は本当にすごい。3年単位くらいでもうまったくレベルの違うエコシステムにどんどん進化している印象を受けます。

もう一つのユニコーンの要素はアドレスしている市場の広さ、があると思っています。やはり人口2億人くらいを対象にしないとなかなか10億ドル越えは簡単じゃない。アメリカは3億人を超える人口ですし、中国、インドはいわずもがな。10社に迫る勢いのブラジルは人口2.1億人です。日本も1.2億人とひかくてき人口は多いものの、テックの直接的なユーザーになりにくい高齢化がボトルネックかも。

ということで複数の国をターゲットに広げていけるビジネスかどうかは今後ますます重要になってくるのではないでしょうか。
次のメルカリさんという意味では、どれだけの速度で、組織を立ち上げていけるかも大きいなぁ。採用はもちろん、入社後の立ち上がりの支援、パフォーマンスを発揮しやすくする風土…。経営とともに組織の立ち上げに伴走していく人材がいるかどうかで変わるなと
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。
株式会社ミクシィは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) であるmixiを運営する企業である。 ウィキペディア
時価総額
1,626 億円

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.93 兆円

業績

グリー株式会社(英語: GREE, Inc.)は、日本のインターネット企業である。ソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) の「GREE」を運営し、事業の中核としている。 ウィキペディア
時価総額
1,291 億円

業績