新着Pick
642Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
富樫選手は新潟県新発田市出身。

中学生のときに本丸中学で日本一になっています。
ちなみにその時の監督は富樫選手のお父様で富樫英樹氏で、親子で日本一となっています。
英樹氏は現在、新潟県の開志国際高等学校バスケットボール部の監督で、昨年創部5年目でインターハイ優勝をしました。
中学、高校両方で日本一となった名将です。

勇樹選手に話を戻すと高校時はアメリカのモントローズ・クリスチャン高校でシックスマンとしてプレー、全米No.2になります。

卒業後はbjリーグの秋田ノーザンハピネッツでプレー、2013-2014シーズンでは準優勝になり、オールスターではMVPになりました。

その後NBA挑戦のため、アメリカに行き、日本に戻るタイミングで千葉ジェッツに加入。

富樫選手のキャリアに変化が起こるたび、バスケファンの間にさまざまな期待が巻き起こる、まさにスター選手ですね。
中島さんが数字を詳しく上げていただいているので経営面からの考察を。

今回の話は、クラブ売上が約20億円なら、一般的に健全とされるチーム人件費40%(8億円)のうち、富樫選手に1億円を振り分けるということになります。8億円を分母にすると8分の1なので、野球やサッカーなら考えにくい(選手数が多いので)のですが、バスケならオンコート5人なので有り得る話です。

それよりも何よりも、この発表が千葉ジェッツや富樫選手のプロモーションになることが大きいです。最初だから価値がある。落合選手やカズ選手の名前も使える。当たり前ですが、2番目の1億円プレーヤーの時にはここまで大きく報道されないと思われます。

いつか1億円プレーヤーを出したい、出せるのではないかとBリーグは以前から言っていました。それに呼応したのが千葉ジェッツ。その点でも島田社長らしいなと思いました。
NPが早速記事にして、ビジネス面での特徴をとらえたかたちで感動してします。特に過去のデータをみると本当に泣けてきます。
以下は別の記事へのコメントを転載
____
素晴らしいニュース。ビジネスとしてBリーグが成功していることの一つの証拠だと思います。
デイリーの記事にはさらに詳細があり(①)、基本報酬1000万以上の選手が初年度17.3%から47.2%へ増加したとのこと。富樫選手のように体格が小柄な選手でもここまでやれる!というのも夢を与えますし、プロになれば1000万円というのも夢があります。
岡田さんのコメントではないですが、それも過去の選手たちが築き上げたもののおかげですね。

さらにこの会見では、富樫選手が6月20日にあるNBAドラフトの宣伝も。八村選手の動向について盛り上がっていないので、もう少し盛り上げましょう!というメッセージを受け取りました!!


①バスケで日本人初1億円プレーヤー誕生 千葉PG富樫勇樹「頑張っている子に夢を」
https://newspicks.com/news/3946259
売上の今期見込みが17億円とのこと。まだJ1のチームは超えてこない(一番少ない福岡で18億円)。
とはいえ、チームの人件費率がJリーグだとざっくり1/2~1/3ほど。そう考えれば、バスケは選手数も少ないし、チームのトップ選手に1億円というのは、森さんもコメントされているが(有難う御座います!)数値的には出せる金額なのではないかと思う。
夢があると思うとプレーする。自分たちの世代はお金ではなくスラダンに夢を見た!プレーするとプロの試合にも興味が出るが、昔は見るのはNBAだった。NBAも見つつ、でも地元や日本のプロリーグも見るといった流れがでれば、スポーツとしての裾野が広がる。
https://www.jleague.jp/sp/aboutj/management/club-h28kaiji.html
Bリーグが開幕して「2020年までに1億円プレイヤーを」と謳っていた頃から、多分ジェッツがやるんだろうなと予想していました。あとはやれそうなのはアルバルク東京くらいですかね。

ただそれが誰になるのかは複数人候補がいましたね、僕の中では。現時点で言うと富樫勇樹は順当だろうし、ほとんどの選手が納得するんじゃないかな。
千葉ジェッツの成功例を何人かのスポーツ好きに話したろころ、「バレーもできる」「サイクリングもできる」という声が返ってきました。スポーツを取材していると、運営団体、メディアともに強化ばかり目を向けがちなので、新たな成功の形ができた意義は大きい。ジェッツモデルが日本全国、様々な競技に波及していくことを願うばかり。
Bリーグには勢いを感じます。
「1億円」にはニュースバリューがあって、リーグとチームには投資対効果の高いものであるように思います。
一方、選手にとっては大きなプレッシャーでもありますが、やりがいでもあるでしょう。
それが、プロスポーツ選手というもの。
身長167センチというところも驚きですし、富樫勇樹さんの試合を観てみたくなりました。
時代や産業にはエポックメイキングがありますが、そのエポックメイキングを目的や大義を持って作りに行ったという感じでしょうか。特に以下の視点が、スポーツビジネスで重要な観点かと思いました。面白く読めました。

>「スポーツ界には、選手を集めてチームを強くしたら、収入が増えると考えているクラブがたくさんあります。いい商品を作れば、勝手に売れると思っている人が多くいる」
>「島田さんは逆で、最初にスポンサーを集めまくり、選手に投資する。つまりクラブ運営を事業として捉え、事業を大きくすることでコンテンツ力を高めていきました。クラブの販売力を強化し、その裏でいい商品を作れる原資を手に入れようという発想をバスケ界に持ち込んだのが島田さんです」
2016年9月に立ち上がったリーグなので、物凄いスピード感!

Bリーグのマーケティング力が変化を生み出している。

・「入場者」数をKPIにして、試合に来てもらうための工夫
・顧客データを各チームではなく、リーグが管理する
・「若者」と「女性」にターゲットを絞り、「スマホファースト」を徹底

リーグ自体の運営体制を刷新

顧客志向でバスケの観戦体験を刷新

選手の年俸UP→新たなキャリア機会をつくる

という素晴らしい循環が生まれている。
ついに日本のバスケットリーグで1億円プレイヤーの誕生。本当に大きな意味を持つ破格の契約だと思う。この1億円に対して色々な声が出てはくるだろうが、それこそが意味あることで、日本のバスケ界にとってプラスになることは間違いないだろう。野球もサッカーもそうであったように、日本国内で1億円プレイヤーであることが当たり前で、海外でさらなる高みに到達することが目標に変わってほしい。(八村選手がすぐに大きな契約を結ぶと思われるので、そうなるのも時間の問題ですが。。。)
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。