新着Pick
14Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バブル期に駅前再開発の一環で百貨店の店舗数が増加し、百貨店の日常化が進みました。
その後、大店法の改正により郊外型SCの台頭が進み、消費者側に郊外型SCと百貨店に期待する役割の区別がなくなっている印象を受けます。
百貨店でなければいけない理由がなくなってきた、というのがわかりやすい言い方でしょうか。
僕が子供の頃の記憶をたどりますと、上野松坂屋に行くとおひるにお子様ランチをいただける、チキンライスに刺さっている国旗を家に持ち帰るということをしていました。
子供心に特別に感じていた百貨店の存在感はそんな程度ですが、大人がいま特別さを感じる、ないしは触れるシーンがどれだけあるでしょうか。