新着Pick
387Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「粘り強く努力するとは、同じことを繰り返すという意味ではありません。トライを続けるけれど、戦術を変更し、戦略を修正し、異なる見方をしてみる。そしてギブアップしないことです。」

「努力」とは何か、改めて認識できる言葉。上手くいっていない、陰の時こそチャンスに変えられる。
Googleの20%ルール。余白時間をつくる重要性を感じる。
クリエイトすることから逃げると作業屋になる。その方が居心地がよく快適だけど未来がないと思う。

また肝なのが
「重要なのは、新しいアイデアを試して失敗する経験です。」だそう。

有益な自主研修ですね。
優秀でイノベーティブな人は、自分で考えて動く余白が欲しいものです。それを提供するのが20%で、そこの自分で選択したプロジェクトでの学びが本業に活かされるというのは非常に理にかなってると思います。
「ホフマン 20%ルールから生まれた残念なプロジェクトはありますか。

シュミット ありませんね。
もともと20%プロジェクトは失敗するものと想定されていました。
重要なのは、新しいアイデアを試して失敗する経験です。本人がその失敗から得る価値は計り知れません。やってみたけれど、うまくいかない。だから別のやり方を試してみる。それでもうまくいかない――。
知識社会で成功する上で最も重要なのは、粘り強さと好奇心です。
粘り強く努力するとは、同じことを繰り返すという意味ではありません。トライを続けるけれど、戦術を変更し、戦略を修正し、異なる見方をしてみる。そしてギブアップしないことです。」


昨日のスピードこそが決断の質である、というシュミットの主張と符合する内容で興味深い。
つまり、20%ルールとは、単にアイデアを出すためだけのものではない。そうではなく、アイデアについて決断をし、それを試してみて、失敗を通じて学ぶ(試すことで情報が得られる)ためのものだ、つまり、人と事業の双方を育てるためのものである、ということが重要なポイントであろう。

一方、先日のNetflixのリード・ヘイスティングスとは一見すると見解が異なるように見える。
https://newspicks.com/news/3869808?ref=user_2077468
「ヘイスティングス  でも、20%プロジェクトから大したものは生まれていない。イノベーションをサポートすることは大切ですが、AndroidなどGoogleが世界にとてつもなく大きな影響を与えたプロダクトは、20%プロジェクトから生まれたものではありません。」

ポイントは、アイデアがイノベーションを生むのではなくて、それをいかに事業化するために機動的な資源配分を行うか、ということではないだろうか。そのための学習のためにGoogleは20%ルールを用いているのだとすれば、表向きの2社の違いの背後に共通するのは、アイデアよりも、事業のエグゼキューションを行うことの重要性と、それを可能にする機動的な資源配分の実行というトップのコミットメントであろう。
創業期ずっと憧れて好きだったGoogleの20%ルールの意味が理解できて、非常に納得できました。実際に自分たちでもやってみる中で、制度自体が好きでもどうしてもこの制度の中から新たなものが生まれる確率が低い感覚があり、ずっと整理できないでいました。この言葉で自分の中でもすごくクリアになりました。
「もともと20%プロジェクトは失敗するものと想定されていました。
重要なのは、新しいアイデアを試して失敗する経験です。本人がその失敗から得る価値は計り知れません。」
20%プロジェクトからイノベーションが直接生まれると解釈してる会社は多い。学習と考えるとイノベーションのための研修かも「もともと20%プロジェクトは失敗するものと想定されていました。重要なのは、新しいアイデアを試して失敗する経験です。本人がその失敗から得る価値は計り知れません…知識社会で成功する上で最も重要なのは、粘り強さと好奇心です。」
こうして見ると、当たり前だけどGoogleも沢山のプロジェクトを世に出し、沢山の失敗があって、今がある。失敗の量は成功の量にも繋がるなぁ
天才的な起業家たちの人間らしい一面を垣間見た。「ある日、ラリーとセルゲイと話をしているとき、2人がもう「若造」ではないことに気がつきました。それぞれ30代前半で、難しい状況をたくさん乗り越えてきた経験豊かなプロフェッショナルになっていました。」
「スケーラブルな会社が持つ最も重要な要素の一つは、素早い学習能力だと思います。」というコメントに深く共感しました。
Gmailも、Google Mapも、Adsenseも、全てこの20%ルールから産まれた。

無数に上がってくるアイデアを事業に結びつける秘訣の一つは「ダメなアイデアを早めに潰す」。前回の「スピーディな意思決定をする」に通じるところがある。ダメなアイデアに固執しないこと。直感を信じ、アイデアを信用しすぎない、こと。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
ネットフリックス(英語: Netflix, Inc.、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。 ウィキペディア
時価総額
17.4 兆円

業績