新着Pick
294Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
地磁気の関係で世界中の牛が南を向いてる!ってのが一番刺さった!
グーグルマップのストリートビューは画期的なアイデア。IT巨人ゆえに可能なサービスです。

グーグルアースで「世界中の牛が南か北を向いている性質があるとわかったことです。牛の脳が地磁気に反応しているため」というのは新たな発見。

ビッグデータの活用で今後どれだけ世界に貢献するビジネスを創出してくれるのか、期待したいものです。
グローバルにサービスを展開したり、様々なプロダクトや文化を持つグループ企業と仕事をしたり、非常にダイバーシティが高い環境の中で仕事をしようとすれば、ダイバーシティの中でどうしっかりと議論を重ねて、よりよい解決策を導き出すかが重要だろう。

「リアルな問題を語り合える、全社的なコミュニケーションが必要です。」

と延べ、TGIFミーティングを欠かさず行ったり、納得せずに経営陣の決めたことに従うようなことがないように投票制度を取り入れたり、その取り組みは意外なほどアナログに見える。
しかし、組織を健全な状態に保ち、人の持っている能力を遺憾なく発揮させることこそが、マネジメントの極めて重要な責務だ。どういう制度をやるか、どういう技術を使うか、という技術的問題ではなく、どうして組織が動かないのか、問題を表に出せないのか、という適応課題に向き合うことにシュミットは取り組んできたのかもしれない。
Googleのようにビジネスが盤石な組織であっても、組織の問題に真剣に取り組んでいることがよく分かる記事だった。マネジメントの仕事は、プロダクトを考えて利益を上げることだけではないく、それを可能にする組織を機能させることも重要な責務なのだと改めて感じた。
あるあるですね。文化を変える施策の重要なこと「ノベルには、「ノベル・ノッド(うなずき)」と呼ばれる文化がありました。ミーティング中はみんな、「うんうん」とうなずくけれど、ミーティングが終わると、それを全力で阻止しようとするんです」
へーーー、牛の話面白い🐂
なるほど、牛の脳が地磁気に反応しているためなのか
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
86.7 兆円

業績