新着Pick
753Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「データの裏付けがない決定は下さない」正しくデータネイティブカンパニーという感じですね。日本ではたまに営業成績を優先するためデータ改ざん問題が浮上しますが、全く逆の発想かと思います。

グーグルマップスとグーグルアースで牛の向きからそんなことが分かるなんて本当に面白いですね!航空画像やストリートビュー画像などたくさんの目線での画像があるので色々繋ぎ合わせてAIで解析すると色々予測などもできますね。

私がグーグルに関していいなと思うのは、スタンフォードで生まれた時から拡大成長した現在まで、会社のミッションステートメントである「世界中の情報を整理してみんながアクセスできて使えるようにする」というところにブレがないことです。こんな有名な会社のミッション他にはないのでは?
Googleにはいくつもその成長を支えるポイントがあると思いますが、一番は「試行錯誤することを壮大に許される環境が、会社の文化として根付いていること」だと思います。失敗しても精神的に安心安全が担保されている状況。

=====
もともと20%プロジェクトは失敗するものと想定されていました。重要なのは、新しいアイデアを試して失敗する経験です。
日本社会は業界の慣行や伝統、既得権益によるルールは、どれが違うかを見つけ出す方が難しいくらい多いと感じます。
前例主義ですし、新しいアイディアを試して失敗する経験は許容されて無くなってきています。
だから、就職氷河期時代に就活に失敗し、いちどレールから外れてしまった人の問題が今になって大きな社会的問題となり、取り上げられているのだと思います。
今日から始まるイノベーターズライフ/マスター・オブ・スケールはGoogleのエリック・シュミット氏。色々面白そう!
『もともと20%プロジェクトは失敗するものと想定されていました。重要なのは、新しいアイデアを試して失敗する経験です。』
『最も興味深かったのは、Googleアースの画像を調べたところ、世界中の牛が南か北を向いている性質があるとわかったことです。牛の脳が地磁気に反応しているためです。』
【予告編 無料】Google元CEOエリック・シュミット氏の「イノベーターズ・ライフ」を本日から8日間連載します。
牛の南北の向きの話が強すぎる。

あとは学習する人の話。もっと聞きたい。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
第一三共株式会社(だいいちさんきょう)は、東京都中央区日本橋本町に本社を置く、日本の製薬会社である。 ウィキペディア
時価総額
4.43 兆円

業績