新着Pick
61Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ちなみに、電力会社では低金利、円高、原油安がトリプルメリットと聞いたことがあります。
金融、資源、通信、いずれも規制産業。なぜなら国の戦略の根幹だし、規模も求められる産業だから。
国の利益トップ企業を見れば、特に新興国では資本・規模集約型の産業・企業がまだ十分に育っていなければ、規制をもってときに国営企業やそれを民営化したこれらの産業の企業がトップとなるのは一種当たり前。新興国市場を見ると、時価総額の過半は大体これらの産業が占める(時に金融だけで過半とかもある)。
その後に民間産業がどれだけ育ち、どの業種の企業が利益トップかではなく、様々な業種が育つインフラとなって、業種合計の利益でバランスが取れていくことが重要。アメリカや日本などの「厚み」はそこにあるし、「厚み」があるからこそ外部環境の変化があっても一発でやられにくかったり、業種間の相乗効果が出る下地となる。
なぜ海外の銀行がこぞって日本から撤退して他の国で銀行事業を行うかが垣間見える記事です。

銀行業はもともとはローカルなものだとも思うのですが、日本の資金循環をみると、国境の壁を超えるという選択肢もあるかと思います。
日本では大手銀行の人員や店舗の削減のニュースが飛び交っている一方で、世界的に見れば金融が「稼ぎ頭」というのが興味深かった。