新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
嘘つきなのか、無理解なのか。

衝突安全性テストの中で、後面衝突頚部保護性能試験はテスト車両と同一質量のクルマが突っ込んだとする試験。
つまり、質量が低いクルマほど評価が緩くなり、点数が上がる仕組みなんです。
900kg台のN-BOXと、1,700kg台のステップワゴン。
これで比較しちゃうんですね。

https://www.lineup-car.com/blog/13635.html

『軽自動車はボディが小さいために、衝突安全性が低いと思われがちだが、自動車事故対策機構が行ったJNCAPの評価によると決して悪くない。
 例えば2017年にテストしたホンダN-BOXは、総合評価が184.1点とされた。同年に行われたステップワゴンの180.9点、シビックセダンの180.8点を上まわる。』

読む価値なし。