新着Pick
610Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
かつてあった優秀な写真アプリAperture→Photosへの移行を見てるようです。
あの時、新しいPhotosアプリの日本語名が「写真」とかいう全く識別能力のないものだったために、使用感のレビューとかトラブルシューティングの検索で随分と苦労しました。
単体アプリを作るのはいいですけど、名前はもう少し識別能力の高いものにして欲しい...
Musicアプリで何か困った時に「Apple」「Music」などと検索しようものなら、同名のサブスクリプションサービスに関する、いかがでしたでしょうか系ブログが山のように出てきて情報にたどり着けなくなる予感がすごい。
iTunesをMusicとPodcastに分割するアイディアは、MacとiOSの整合性を担保する意味で有効策だと思っています。またiPad向けアプリをベースにMac向けアプリを作る手法は、すでにNews、ボイスメモ、株価、Apple TVアプリで実践されています。

Appleのサービス戦略は、ネイティブアプリにサブスクリプションサービスを紐づけるという方法論で、Apple Musicに組み合わせるアプリをすべてのプラットホームでMusicアプリに統一した方がわかりやすいのではないでしょうか。

一方、いままでiTunesがになってきた音楽の取り込みやデバイス管理などの機能がどこまで引き継がれたり、他の場所で再現されるのかにも注目。来週、現地で取材してきます。
なるほど、下記のようにより住み分けを明確にする意図っていうことですね。iTunesという名称には愛着ありますが。
あとは、マーケティングに携わる者としては、「iTunesランキング」は今売れている楽曲の指標としても定着しつつあったので、それが今後どうなるのかなあというのも気になります。

“アップルはiTunesに代わるものとしてMac用に3つの新アプリ−Music、TV、そしてPodcastの立ち上げを準備しており、それはiPhoneやiPadに対するメディアアプリ戦略(メディアの種類ごとに独立した専用アプリとする)にも一致。iTunesがなくなっても、Musicアプリを通じてアップル製品を管理できる”
WindowsでiTunesで楽曲管理している僕や同様のみなさんはどうなっちゃうの?
夢中になってiTunesからiPodに好きな曲をダウンロードしまくったのは、随分前なような気がする。いまでは、通勤時はアップルミュージックが、毎日懐かしい曲を聴かせてくれるし、家に帰れば、アレクサに話しかけるだけで、眠りにつくまで癒し系の音楽を流してくれる。サザンや山達のようにストリーミング配信されないアルバムは、中古を買ってCDレコで直接にスマホに入れるだけ。そういえば、自宅でPCを開かなくなってもう3年になるなぁ。
今度iphoneはやめるのですが、ipodは続けますよ。
itunesどうなるか楽しみですね。
NPもappstore支払いをクレジット払に変えるために、一旦解約して再契約します。囲い込みから離脱するのは面倒ですね。
iOSでは、すでにそうなってるから、OS統合に一歩進んだということですね。
AppleがiTunesを終了させて3つの新アプリ−Music、TV、Podcastに分割。サブスクサービス単位での分割は当然。Spotifyは音楽とPodcastは一つにまとめてるけど、Appleは分けていくのかな?
最初の一文に悪意を感じる...笑 通知を見て驚きが。
サービスが分割されるだけ、そしてまだ噂なんですね。

SpotifyやYouTube,Amazonやhulu などに対抗していくなら、MusicはMusic,TVはTVと分割するのは当然かと思います。
順当と言えば順当。

リッピングさえ他の代替ソフトでできれば。
Apple Inc. (アップル)は、カリフォルニア州クパチーノに本社を置くアメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
272 兆円

業績