新着Pick
498Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
昔は独自のフレームワークを持っていてそれを使いこなせるコンサルに価値がありましたが、フレームワークが一般にも広まり、あてはめさえ間違えなければアウトプットが出せるようになりました。フレームワークだけを武器にしても生き残れないので、ストーリーが必要になります。ストーリーラインにのせるメッセージは、現場経験から生み出すことでオリジナルになります。だからこそ、フレームワークだけに頼らずに自分で考えることが重要だと理解してます。

個人のキャリアも同様で、スキルだけで勝負できた時代は既に終わったので、自分はどんな価値を何を生み出せるのか、個人の物語が重要になります。だからこそ経験を振り返り、強みを強化して、それらの積み重ねの先に個性を示す必要があります。

ストーリーラインや物語をつくることはしんどいですが、自分でしっかり考えるからこそ、オリジナルの個性になります。

学生も社会人も組織も安易に答えを求めてしいまい勝ちですが、そんな風潮への戒めのように感じました。
いいコンサルと使い物にならないコンサルのちがいは、顧客の課題を顧客の体力に合わせて解決できるかどうかです。

スリムアップしたいとう課題に対し、体力のない(組織体制が整っていないなど)顧客に、トライアスロンというコンサルをしたら、すぐにへばってしまいます。

レスキュー隊の人たちに、コンサルの真髄があります。相手の状況に合わせた処置をスピーディに行う。つまり相手への愛情、厳しい現場にも飛び込む勇気、そしてチームワーク。
“プレゼンを作る上で一番重要なのは、ストーリーラインを作ること”

全く同感です。私も、コンサルタントとして働いていた5年間、何度も何度もストーリーラインについて指導を受けました。東京だけでなく、NYで働いていた時もそうでした。

特に、重要な経営判断につながるような提案をする時には、ストーリーラインが一番大切でした。データやロジック、スライドは、あくまでもストーリーラインを補強する位置付けです。

その後、起業して一番役に立っているスキルも、まさにストーリーラインを作る力です。

起業家として、ステークホルダーの複雑な利害を調整し、同じ方向に向けて力を合わせていこうとするとき、「まずはストーリーラインを作る」という習慣が、とても活きています。
フレームワーク活用レベル3段階

レベル1:フレームワークの活用方法を学ぶ→提案書に入れ込む

レベル2:フレームワークの背景にある理論を学ぶ→説得力ある提案をする

レベル3:フレームワーク×理論を「熱」をもって使う→市場を動かす

市場を動かすのは熱。

フレームと理論だけは足りない。

と考えています。
音楽もマーケティングもプレゼンも、人が惹きつけられるのはストーリー。続きが知りたくなる、次のスライドを見たくなるのは上手いプレゼンだなと感じます。

逆に、データと文字ばかりでメッセージが欠けた30分ほどのプレゼンを聞いて、最後に、「で、つまり?」と聞きたくなった経験が何度もあります。。
特に社内で敬称ほど無駄なものはないですね。脳みその1ミリでも意識を社内に向けたくないと思います。
"ちなみにコンサルティングファームは、上から下まで誰でも「さん」付けです。そうなると先輩後輩とかを考えなくてよくなるので、時間の無駄もありません"
戦略コンサルタントは、顧客の問題を引き出して解決のアドバイスをするプロフェショナルな職業です。だから「偉い」かどうかの基準で判断する必要はありません。

このタイトルも、松永さんの本意ではないと思います。
賛成です!
「偉い人には「さん」付けで、部下には「君」付け。大企業であれば、部長や課長など、いまだに敬称を付けている。そういうことは、やめないといけません」
なんとなく不思議な読後感が残るインタビュー。。。


プレゼンって結局何を言いたいか、が先にあってそれが伝わるように肉付けする作業だと思っているんです。なので、1行で本当は終わってよいはずだし、その方が時間効率がよいはず。

ただ、本と一緒で、それなりのボリュームがないと費用に対する納得感が出ない。そこをある種時間の無駄と考えるか、エンタメ的と考えるか。
戦略コンサルタントが偉いとか、フレームワークが何とかいう時代はとうに終わって久しいような気がするが。