新着Pick
791Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
まさに、このコンセプト。
AmazonもGoogleも「家」をキーワードに様々なサービスを展開し始めています。

その起点の1つとなるのは「カギ」。カギをコントロールできれば、入居者への様々なサービスが展開できます。

しかし、その一方で、セキュリティの部分がどうしても課題となってしまう。だからこそ、我々OYO LIFEは「家」そのものにコントロールを持ち、入居者おの接点を最大限に持つことを目指しています。それ故、既存のリスティングモデルではなく、借り上げモデルにこだわり続けております。

将来的には同じ方向を目指す皆様とぜひ協業しながらこのコンセプトを実現できればと思います。
まさに今回私がLINEを退職し、大学とメーカー企業の2つの草鞋を履くことを選んだ最大の理由がこれ。

大学では都市のデジタルトランスフォメーション研究の推進、メーカー企業ではホームを起点としたデジタルプラットフォームの構築。今起こってきている諸々の動きは、必ずやって来る未来の端緒に過ぎない。

まずは、あらゆる生活(家の中や街中)における利便性向上や安心安全につながる課題解決の形で、世の中に多くのデバイスが置かれ、それがネットにつながり管理される。

その後、多種多様なデータを元に、さらに高度なサービスが提供され(プラットフォーム自体が持続的に進化して、サービスレベルを向上させる)、よりプラットフォーム活用がユーザーに広がり、そのプラットフォームに参加するサービス主体も増大。

そしてプラットフォームを核に、様々なトランザクションが行われることで巨大なエコシステムが構築される。

こうした流れは、既に不可避である。VPAなどホーム機器を多くの既存プラットフォーマーが市場に投入しているのも、その主導権を握らんがためだし、多くのベンチャーが様々なIoTソリューションを家の領域に投入し始めているのも、そうした流れのはじまりにすぎない。それぞれのサービスや技術を単体で見るのではなく、俯瞰した上で全体像の一部として捉えることが重要だ。
ライナフのサービスは日本の事情をよく考えていますね。内ドアにも施錠して宅配や買い物代行の入れる領域を限定している。

このサービスがあれば、独身者や共働き世帯はうれしいでしょう。

米国のAmazon Keyは特にミレニアルズに受けている。ミレニアルズはあまり抵抗感がないようです。
このライナフだけでなく、TiNKを展開しているTsumgも同じような利用シーンを掲げていますね。彼らは、アパマンやメルカリと連携し、サービス提供していますので、どこも同じようなことを考えているなあ、と思いました。

ニンジャロックではないスマートロックを会社でも使っていますが、頻繁に電池切れなどを起こし、開かなくなってしまい、社員からは大不評です。スマートロックは、UXと信頼性が重要なのですが、このニンジャロックはどうでしょうか?

セキュリティーを心配されている方が多いと思いますが、荷物を運び込むのと、家事代行が家に入るのでは、求められるセキュリティーのレベルがまるで違いますね。カメラがあるから、大丈夫です、というだけでは、なかなか難しいようにも思います。

この電子鍵が「売り切り」なのは、掛かるハードウェアのコストが高いからでしょうね。本当はサブスクリプションにしたいのだと思いますが、コストが高すぎなので、開発費やコストを最初に回収したいからでしょう。ですが、最初に頭金みたいな形でハードウェアが届き、あとは月額課金という形に変えていったほうが良いと思いますね。運営費が掛かるのは事実でしょうし、本来であれば、24時間駆けつけるサービスにしないと駄目でしょうから。

スマートロックがいずれ主流になるとは思っていますし、さまざまなサービスと絡めることで、大きなビジネスになるとは思うのですが、その為には、超えるべきハードルがたくさんあるので、一歩ずつ超えていって欲しいと思います。
「スマートロックが不動産のプラットフォームになり、そこで生まれた消費からお金を取っていけるようになれれば、スマートロックこそスマートフォンに次ぐプラットフォームになるのではないか。それくらいの可能性を感じています。」(記事引用)

ファーストプレイスとしての家を物理的な不動産(ハードウェア価値)から、ライフスタイルを豊かにするアプリケーションを活用するプラットフォーム(ソフトウェア価値)に転換する発想。日本の都市部特有の住宅事情、コミュニティ事情を活かし、安全性を重視する文化的特性ともおりあえれば、面白い展開になるかもしれない。ただ、ファーストプレイスは生活の根幹なので、携帯端末などとはハードルのレベルが違う。新しいファーストプレイス像にわくっとする人たちをイノベーターとして囲い込み、具体的な実証事例を通して、安全性の心配を超える便利さや楽しさを示せれば、可能性が広がる。テクノロジー訴求でなく、ライフストーリー提案にすることがカギだと思う。
ホテルと住居は全然違う話だと思います。汗
その前に、大きめの冷蔵機能付き宅配ボックス的なのをドア付近に設置するとか、一歩手前から参入しないとセンシティブな不在時の家への出入りの壁は壊せないと感じますazs.
昔は「三河屋さん」が家まで届けてくれた。それが品ぞろえや安さ、いつでもという価値を提供するGMSやスーパー、コンビニなどによって廃れた。今はECが普及してきて、再度購買の場が家に近づいている。
再度購買の場が近づいている中で、「三河屋さんのサブちゃん」と個人を知っていて信頼できる状態が、「ヤマトさん」という会社は分かるが誰かが分からない状態。だから信頼をシステムで作るニーズが出来てきている。
そのなかで、家にプライベートとパブリックの中間的な土間を置いて、カギを二段階にすることは、個人的にはアリだと思っている。玄関にシューズクロークがある家もあるが、そういうところの進化ともいえるかもしれない。
普及するかは「当たり前になるか」次第で、家関連は寿命が長いし、特にセキュアなドアをどれだけ儲けるかや土間は、構造に関わる部分でもあるので、なかなか変わりにくいところもあるが…あとスペースを食うのですべての家で出来るわけではない。
この方式だと、プライベートスペースとの緩衝地帯である「土間スペース」を広く取る必要がありますよね。

ただでさえ狭い都会の住宅事情を考えると、「利便性」と「土間スペースの活用」のどちらを選ぶかと問われれば、後者を選ぶ人が多いような気がします。

十分広いマンションや一戸建てに住める人は別ですけど…。
「サービスが入ってくる家」スマートロックと、クラウドカメラでセキュリティが担保されれば、住民が自宅不在時にレンタルスペースとして第三者にシェアをして収益化をはかることも当たり前になる。事実、スペースマーケットでもサラリーマンが自分が住んでいる部屋を仕事に行っている間に、上記ツールを使って貸し出しをして家賃分以上に稼ぎ出している人はザラにいる。まだ黎明期だけど、確実にシェアを前提として住宅施工も増えてくる。
家にセキュリティ設備をつけて、不在時に家の中まで商品サービスを届けるサービス。発想としては面白いですが、やはりネックは設備投資の費用と工事が必要なこと。スマートロック、監視カメラ、家の中の鍵と三つの設備投資でいくらかかるのかが知りたかった。建築時から組み込めればよいですが、新築マンションを狙っても設備数は少ない。物件価値向上ということで賃貸がターゲットとのことで、初期のインターネット回線やCATV、太陽光パネルなどと同じ構造ですね
この連載について
不動産業界にもサブスクリプション化の波が押し寄せている。住宅分野では、月額制の住み放題サービスが出てくる一方で、働く場所はシェアオフィスが急速に拡大している。こうした中で、誰しもが悩む「持ち家を買うべきか、賃貸に住み続けるべきか」を考える基準も大きく変わる。新時代における「持ち家vs賃貸」論争の「最強の結論」を探る。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
106 兆円

業績