新着Pick
297Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
キャリアショックは誰にでも起こり得ますが、自分だけには起こらない・・と思うどころかそもそも認識していない人の方が多いと思います。転職してわかるケースがあると思いますが、そんなにいきなり転職しないですからね。

ここでは昼スナックの話が中心になっていますが、初めの方に出てくる報酬を伴わない(いきなり稼ごうとしない)副業もおすすめです。その場合はプロとして関わっているという認識が大事です。それが”会社名”を外して個人としての力量を認識できる瞬間だと思います。
誰もが何者でもない自分を自覚して向き合えていれば、それが適切な表現かどうかはともかく、何ら問題なく生き残っていけると個人的には思っています。問題は何者でもないことの自覚なく、欺瞞に身を浸してしまうことでしょう。
企業名に頼らないで、自分の可能性を探る。

「大企業の社員だって何者でもない」と認識できるのは素晴らしいこと。自分の価値を高めるきっかけになります。

価値を生んでいない肩書きだけのオジサンたちにも、ぜひ認識してもらいたい。「オレを誰だと思っているんだ」とよく言っている人は手遅れですが。
就活を描いた「何者。」という映画がありました。
自己分析して自己アピールして、それでも面接や書類選考で落とされまくって、「自分は何者なんだ。何者でもないのか」と悩む大学生たち。
5/28の #TheUPDATE はNHK「クロ現+」とコラボして「キャリアショック」をテーマに議論しました。金言がいくつも連発された中、古坂大魔王さんがキングオブコメントに選んだのは、NHKディレクター森田智子さんの発言でした!ぜひ本編を見てほしい
そんな夜は
昭和のいる・こいる師匠の漫才がオススメです
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア