新着Pick
234Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
注目の上場後初決算。ポイントは絶好の宣伝のチャンスである上場時に多額のマーケティング費用を使って宣伝をするのは当たり前なのだから10億ドル赤字というのは想定内という点(マーケティング費用ゼロにすれば黒字にはできるが将来の成長を犠牲にするので意味は無い)。

売り上げは20%増と、勢いのあるテクノロジースタートアップの売り上げ伸び率が20-30%なので、ギリギリ合格というところか。株価は発表後上昇している模様。

ただ配車予約件数自体の伸びはそんなに伸びていないため、Uber eatsや配送サービスなど別の収益源も伸ばすのが急務。来年には値段的には3割以上安くなるであろうテスラの無人タクシーも参入してくるし、いつアリゾナ州で実験しているWaymoや他の自動運転タクシーサービスが全米展開をしてもおかしくない状況。

多くのドライバーを抱えるが故に、彼らのリクルーティングやサポートをしていてあっという間に抜かされてもおかしくない。イノベーションのジレンマの典型的なシナリオが起こらなければ良いのだが。

Uberの基礎的な解説はこちらをご覧下さい。
https://m.newspicks.com/news/3880870/
Uberの初決算は可も不可もなく順当な感じ。米国はLyftの追撃を受けるなか、海外でどこまで伸ばせるかがポイントに。

グロスブッキング(収入総額)は前年同期比34%増の146億ドル。ブッキングは前四半期から3.4%増で、飽和する市場の中で新たな顧客獲得の難しさが浮き彫りとなった。
上場初日の株価の動きに大騒ぎしている人を戒めるコメントしたけど、時間外で40ドル回復して初日の引けからほぼ横ばいでの推移が続いている。グローバルでMaasがどうなっていくのかという長大なストーリーの主役なのだから、短期の株価に一喜一憂しても無意味。創業10年で、日本ならトヨタ・ソフトバンク・国策通信会社2社に続く5番手に位置する、8兆円の時価総額に達しているという事実が大切
ボトムラインとしては軍資金があるうちは赤字やマイナスのフリーキャッシュフローを気にせずフランチャイズ構築に勤しむということでしょう。そこで業績を見ると、対前年同期比で月次アクティブユーザ数+33%増、グロスブッキング+34%増、調整ネット収入+14%増など確かにトップラインの拡大が続いていることが伺えます。
 しかし前四半期比で見ると、Uber Eatsの伸びが続く一方、ライドシェアは横ばい気味で、これが将来のボトムラインにどう影響を与えるか、という理解の仕方が当座のポイントだと思います。ただ、株価の反応は引け後に+2%上昇し$40台を回復していますから市場の想定線という事でしょう。
https://investor.uber.com/news-events/news/press-release-details/2019/Uber-Q1-2019-Earnings/default.aspx
四半期1.6兆円のグロスブッキングうちUberのテイクが21%で3千億円強

これが自動運転になって1.6兆円がまるっとUberのものになる。問題は車両及び運航コストもUber負担。自動運転の普及は第一に技術、これはほぼ実現しつつある、第二に法整備と人々の心理的受入れ含め社会定着、第三に最も重要な量産コスト。
ここまでこなれてくるタイムラインは超長期。それまで大きな赤字を垂れ流すことは競争環境鑑みて必至。資本市場がどこまで許容するかが見もの。
但しリフトやGrabとの合併はあり得るだろう、その時各国公取がその時どう動くのか。
ウーバーリフトはサンフランシスコあたりでは完全にインフラになっているし、ドライバーは月70万円以上稼ぐ人も居るような世界になっているようです。
こういう既に無くてはならないサービスになり、 レベニューもしっかりあるサービスが
どのように、何に投資してこういった損失計上になっているのか気になります
ウーバーは売上の70%を運転手に配分しているので、自動運転によるロボットタクシーの導入までは黒字化しないという声もある。
ただし、市街地含めてロボットタクシーが一般化するのには後20年はかかります。(実証実験は色々行われており、数年後には無人タクシーがフツーになる…なんていうのは絶対に起こりません)

また、ウーバーがロボットタクシーに置き換わると、(今でも揉めている)運転手との関係が大きな問題になるでしょう。

テスラ、ウーバーとともにこれからが正念場ですね。
運命共同体ともいえる従業員を雇う経営と、ウーバーのようにフリーエージェントを雇う経営とは、評価基準が大きく異なるでしょう。

雇用主に対するロイヤリティを持たない人たちのモチベーションを上げ、上手に管理していけるかの真価が問われているのではないでしょうか?

民泊と違って、ウーバーの運転手は会社の指示で働いているという意識が強いような印象を受けます。

民泊の物件所有者は決して労働者性を争いませんが、ウーバーの運転手たちは労働者性を争いました。

決めては、「自分の計算の下で自分で稼いでいる」という意識を植え付けることができかどうかだと、私は考えています。

それができなければ、ウーバーのようなシステムは厳しい。
「会社に搾取されている」と思われたら、運転手がどんどん離れていってしまいますから。
上場来▲35%程度で推移しているリフトと比較すると、▲10%程度となっています。椎名解説員がコメントしている通り、多角化している点が違うのでしょうか。
KPIとして、売上高、アクティブユーザー数の伸長が注目されて利益が出ず赤字が継続する…
昔のAmazonを見るようですね。

Amazonは小売業の在り方を変えましたが、ウーバーはトランスポーテーションの在り方を変えることが出来るのでしょうか?
Uber(ウーバー)は、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。 ウィキペディア
時価総額
4.96 兆円

業績