新着Pick
173Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ネガティブな意見もありそうなので、ポジティブサイドを。

生活習慣病の治療においては、生活習慣の改善が必要になります。ご存知の通り、それを改善するのは難しいことです。

医師・医療者は、、、

血糖値を正常化し、変動を減らし、かつ、低血糖には絶対にしないという困難な投薬調整。
神経症、網膜症、腎症といった有名な合併症だけでなく、心疾患・脳血管疾患・足病変・歯周病などにも介入。
それと並行して、認定看護師や薬剤師さんたちと、正しい知識をお伝えして、生活習慣の改善をお願いしています。未だに糖尿病性神経症があるのに長時間の湯たんぽで低温熱傷を生じて(熱くて足を離さなきゃという細かい感覚がなくなりますので)、傷の治りにくい糖尿病患者さんの足趾を救えないということがままあります。爪白癬しかり、です。放置はあり得ないと思うのですが、そこまで手が回らない糖尿病外来も存在しますし、なかなか患者さんもそこまでがんばらない人もいます。

なぜ生活習慣の改善が特に必要かと言いますと、他の生活習慣病においても重要ですし、他の疾患を合併しないためにも大切なのですが、糖尿病は糖がうまく使えなくなる病気なので病気になると痩せます(その力よりも多くのカロリーを摂取される方が多いのでさらに太る人もいますが)。ですので、治療薬の多くが体重を増やしてしまいます。その時にカロリーオーバーを続けるとどんどん太ってしまい、薬が効かないから薬を増やし、そして低血糖のリスクのある薬剤まで使うことになり、合併症リスクがどんどん上がってしまうという悪循環に入ります。

ですので、生活習慣の改善を並行できるかできないかは治療の成否の分かれ目となります。そこで大切なのは健康情報の提供やロカボ食のレシピ提供ではない、と考えます。
ライザップメソッドによるエンカレッジ、健康行動の習慣化に寄与できるか、ではないでしょうか。それを今の高級ジムの専属トレーナー制ではなく、より大きな集団に対してできるようなことがあれば、非常に大きなアウトカムをもたらすのではないかと期待してしまいます。

もちろん生活習慣改善と、必要な方には薬物療法などは、対立するものでなくて、当然両方必要ということは付け加えておきます。
ライザップ行ってるから病院行かない、ではありません。
・病院より圧倒的に患者の小さな症状に寄り添ってほしい
・ちゃんと相談に乗ってくれるカウンセリングもしてほしい
・肩こり腰痛などに特に専門的になってほしい
・お医者さんを置きながら、薬を出さないでほしい
・お医者さんの新しい希望になってほしい
・免疫学的なアプローチをしてほしい
話は記事とは直接関係ないのですが、健康と言う軸であれば、メンタルヘルスも改善するようなサービスを考えたら、もっと儲かるのでは?

薬漬けにするのではなく、考え方を変えてもらうには、病院ではない施設の方が良いと思いますし、気軽にネガティブな思考回路を修正出来るようなサービスがあれば、ビジネスマンも使いそう。
RIZAPの主事業、減量に関連が深い方向性で興味深く感じました。
収益化へのロードマップが気になります。
本業のフィットネス事業とのシナジーが高そうな新戦略。収益増にどこまでつながるか注目
民間の方がよっぽど、行動変容に寄与している。結果にコミットしていると思う。
健康・ヘルスケア関連はライザップの肉体改造と近いジャンルで、ここが拡張されていくことは良さそうに感じる。
RIZAPグループ株式会社(ライザップグループ、英称: RIZAP GROUP, Inc.)は、健康食品やダイエット食品の製造・販売などを行っている傘下子会社を総括する持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1,446 億円

業績