新着Pick
95Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
完全分離プランは、総務省として、3大キャリアのiPhoneの優遇を止めさせるのが狙いですので、日本の半分以上を占めるiPhoneユーザーかつ2年おきに買い換える人は、損することはあっても得することはありません。

iPhoneユーザーは自分たちが安いAndroid端末のユーザーや長期契約者から得られている高い通信量で、優遇してもらっていることに気付かず、3大キャリアの通信プランがわかりにくいなどと批判していて、分離プランを歓迎していたと思います。

分離プランを提供すること自体は問題ないのですが、分離プランだけにするのを私は以前から問題視していて、ユーザーが最新の端末を使えなくなり、5Gの普及にも足かせになることを警告していました。加えて、国内のメーカーは、ジリ貧ですから、端末サポートがなくなれば、売れるのは安い端末に集中して、より一層業績が悪化し、さらなる撤退が進むと。

ここに来て、分離プランでの悪影響を懸念して、スマホ端末の割引を認めるべきだと3社とも言っています。以前から同じ主張ですが、上限金額を決めるべきという案をdocomoが提示しています。他社には、割合の案もありますが、もし、認めるのであれば、個人的には、割合+上限の両方を決めるのが良いと思っています。安い4万円の端末に3万円のサポートはやりすぎでしょうし、割合で決めると、そのサポートがiPhoneの高額端末に多く使われすぎてしまうでしょう。22万円程度とされるGalaxy Foldが導入されたとして、4~5万円もサポートされたら、やりすぎでしょうし。

詳細は、Nakamura HisashiさんがPickしていたこちらの記事が詳しいです。
https://newspicks.com/news/3936168?ref=user_135124
決して従来の端末割引分まで通信料を下げるわけではない。
消費者が得する事は無い。

困るのは割引で端末お買い得感を出せないにもかかわらず、高価なiPhoneをエゲツないAppleのノルマ分押し込まれるキャリア。

結果的に割引はせず、キャッシュバックという形で売るしか無い。

誰得?
歴史は繰り返す。もう10年以上前であまり覚えていない部分もあるのだが、ガラケー時代に0円携帯の見直し介入があった(下記)。技術的にも同じようなタイミングだと思い、普及して買い替えサイクルが長くなっていくタイミングでのダブルパンチ。
当時との違いは、当時は日本メーカーがほとんど。今は海外メーカーがほとんど。そしてトップモデルとローエンドで価格差が大きい。性能進化がサチってくれば、価格は下落するのが電子機器の歴史。
http://archive.wiredvision.co.jp/blog/kogure/200808/200808191100.html
総務省が分離プランに固執するが故に、4年縛りになり複雑な料金プランになり、端末価格はさらに上がっていく。この国にはカスタマーファーストという言葉が通用しないのも、当たり前になりつつある。
通信と端末が分離されているなら、割引は事業者の裁量に任せたら良いのに。