新着Pick
2609Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
執筆しました。

今回はファイナンス脳(会計特集)の最終回ということで、「かわいいは作れる!PL(利益)は作れる!」「膿はバランスシートにたまる」というお話しです。

1万字。日曜日にどうぞー。

—-
財務・会計の実務に携わって20年近くになります。産業の興廃を、良い時期も、悪い時期も、発行体CFO、投資家、債権者、アドバイザー、監査人という関係者として経験しました。
今では、企業の財務諸表を眺めることでその舞台裏が想像できます。

例えば、実際の財務危機・経営危機対応の現場では、事は会計の話にとどまりません。
多数のステークホルダーが自己の利益の最大化を目指す中、会計上の数値を土台にして、資金調達やM&A、経営陣の交代などのコーポレートアクションが迫られます。各位の思惑が織りなす重層的な世界観です。

財務諸表を読んで、DDして、周辺情報を確認すると、企業で何が起きているかが分かります。そして、これから何が起きるのかも大体わかります(案件の筋読み)。これらのインテリジェンスを基にして、経営判断とエクセキューション(取引の執行)を行うのが、財務・経営のプロフェッショナルです。
内容濃くて参考になる!同業者の財務諸表を比較してみると経営に対する考え方が露わになります。IT系だと、無形固定資産と営業用投資有価証券周りに注目。

『①怪しい会計処理の大半はPLの利益作りに終始し、②複式簿記の世界ではPL上の怪しい処理はバランスシート(BS)に「膿」としてたまってきます。』
ソフトウエアの資産計上のところ。ここで多くのIT企業が人件費的なものを資産に。

その後うまくいかないと決算で苦労していますよね。わかりやすく書いてくださってるのはじめてみたかもしれません。企業名こそ書いていないですが想像もつきますね。
BS/PLのチェックポイントはM&Aに関わるビジネスパーソン全員にとって必読だと思います。実際の案件で直面した問題ばかり。後段の資本市場の話も説得力があります。さすがAki Moriさんです。
「かわいいは作れる!PL(利益)は作れる!」に思わずニンマリしてしまった(笑)

BSは、財務諸表のつながりの中で、「誰の権利」と「時間差の吸収」をする機能がある(下記でコメントした点)。
記事のNOVAの事例は「誰の権利」(まだ権利行使していないのに売上計上、その後まだ権利行使されていないので負債形状、売上消込)というもの。2年が限界というのも、不都合を吸収できる時間の実務的な限界として肌感にあう。また、その上塗りをロールしていく形で、特損を出しながら特益を出す(見た目の利益は上がっても営業CFが拡大しない)というのもある。
あとはこの「時間差の吸収」は、費用を先に出す使い方もある。いわゆる「V字回復演出」で、設備も棚卸資産も減損しまくると、ある年に大量損失、翌年大量利益となる。ただ利益計上の中で投資をちゃんとやっていかないと、どんどん競争力は衰えていく。
ちなみに、こういう一番見た目の利益が出ているタイミングでエクイティファイナンスをすることも、企業と資本市場のせめぎあいで見られる光景(これの代表例はRIZAPだと思っている)。
https://newspicks.com/news/3932299

リアルなケーススタディとしては、過去に規模が大きい不正会計を行った会社の有価証券報告書を読むことがオススメ。というのは訂正前の訂正後、両方あるから。
オリンパスの2009年3月期と、東芝の2014年3月期がオススメ。資産の過剰計上は、オリンパスはのれんと投資有価証券、東芝は棚卸とのれんの修正が大きい。またBSやPLの修正に比べて、CFは利益額が変更された結果の間接法ゆえの修正や税金の修正の影響は受けるが、変化が小さいことが伺えるだろう。
いずれもBSが訂正前と訂正後だと、訂正前のBSが膨らんでいて、訂正されると資産で過剰計上していたものがなくなるので株主資本が減る。
https://www.olympus.co.jp/ir/data/securityreport.html?page=ir
(訂正前)https://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/library/sr/index_j.htm
(訂正後)https://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/library/sr/archive/sr.htm
良記事。チェックポイントはホント色々ありますね。仕事柄、経営陣やIRの方にお会いする機会は多いですが、お会いする時は結構色々見てます。私の質問に対する応答だけでなく、同席している同僚・部下に横柄な口調で話していないかなど。投資家の前ですら部下をいびる社長は、そうじゃない時はどこまで酷いんだろうって考えちゃいますね。

私の基本姿勢は嫌な奴には投資しないこと。その点、先日お会いしたAki Moriさんは百点満点。再生エネルギーに詳しくない私にも懇切丁寧に説明していただきました。ありがとうございます
【銀行は過去しか見ないし、証券は未来しか見ない。】


以前も書きましたが、
アカウンティングとファイナンスで一番違う部分は、
時間という概念をどう受け止めているかだと思っています。

私自身は以前、銀行と証券、そして今の今は投資事業をやっているわけですが、各業界でその発行体の見方のスタンスが全然違います。

銀行はほとんど過去しか見ません。
いわゆるアカウンティングの考え方です。
ほとんどが純資産ベースで、過去からの蓄積が全てです。
ここでは過去からの延長が今に繋がっています。

いわゆる過去からの決算書の内容を精査して、
融資ができるかどうか判断するものです。

未来については、
半年くらい若しくはせいぜい今期の計画くらいです。

銀行では決算書が正義です。

一方で証券は未来しか見ません。
これは現在は未来から降りて来るという考え方です。
未来を現在価値に割り引いているわけです。

過去がどうだったかなど、どうでも良い話で、
今後3年間の事業計画の利益の蓋然性を精査し、
上場できると思えば、主幹事を引き受けることになります。

証券は事業計画が正義です。

最後に、
投資事業、特にPEは過去のBS、PLをきれいにして、
未来の事業計画をTangibleに行っていくということになります。

どれが良いとか悪いとかではないですが、
上場を目指さない限り、証券会社がかかわることはなく、
必然的に銀行の融資スタンスに対して、
どう対応すればいいかということになり、
将来的なことよりも当面1年さえ乗り切れれば、
銀行は融資を継続してくれるということで、
極めて短視眼的な経営になりがちです。
まあ、しょうがないことですが。

結局、世間的には物事は、
圧倒的に過去を見つめることが多く、
そこに未来からの時間軸を意識することがないため、
ファイナンスを上手く理解出来ない人が
多いのかもしれませんね。

金融の人材というのは、
基本的に銀行がそのほとんどを輩出していると考えて良いです。
その歴史、産業に対する役割、組織としての成熟度や研修制度含めて段違いです。
ここで、金融としての厚い人財が育っていく。


銀行(負債)から証券(資本)、やはり最後は過去から未来へのストーリーを描きたい、
発行体とともに成長したい人間が、金融に馴染むのかもしれませんね。
日常的にCFOと触れ合ってる身からすると、「CFOの本質的な役割ってなんだろう?」と考えることがあります。

最近ではIBDや外資金融の出身者が人気あるのですが、この方々はオフェンス(M&A、調達、資本市場とのコミュニケーション)がうまい分、ディフェンス(会計基準の順守、連結決算やIFRSの本質的な理解)はそこまで長けていません。

こんな状況もあり、「IPOにCFOはいらない」という風潮が生まれ、実質的にはディフェンスだけしている管理部長のようなポジションを対外的にCFOと呼称するような流れになっている印象です。

ただ、IPO前のロードショーのうまさやIPO後のIRの巧みさなどは、まさにCFOの力量次第であり、マネーフォワード・ラクスル・メルカリなどがわかりやすい成功例になっています。

CFOの理想的なバックグラウンドは、会計士+IBDなのですが、これは母数が少ない上に一度IBDに入ると出てこないパターンも多いので(あと給料もかなり高いので)、その場合はCFOと管理部長をわけて、直前期に入ってからCFOを全力で採用しにいくイメージでも十分かなと思う次第です。

本稿は数少ない理想的なバックグラウンドをもつ森氏のすばらしい記事でしたね。会計には未来を根拠にした評価が含まれており、未来は誰にもわからないからその帰結としての会計数値を操作できるという点と、その嘘は2年程度でほころびが出るという点は、私の肌感覚にも一致してました。
Big shouts to 森さん!これまで中々文字化されてこなかった知識だと思います。実際に腹落ちするには過去の事例を学ぶなど色々ケーススタディをしていくのが一番だと思います。

下記心に留めておきたいものです。

『怪しい会計処理、究極的には粉飾決算に手を染める企業は、「この一度だけ、今期の利益だけ作りたい」と、最初は出来心からついつい無理な会計処理をしてしまうものです。
そうしているうちに、ビジネスはさらに悪化し、翌期以降の粉飾の規模はよく大きくなり、雪だるま式にバランスシートが膨らんでいく。そして抜き差しならない状況に追い込まれて、最後にバースト(破裂)します。』

DDをできるなり、経営陣への十分なアクセスを確保できる機関投資家なら良いですが、出来ない投資スタイル/投資家の場合、残念ながら必ずしも見抜けないものです。個人投資家の場合は、(自分がよく知らない)個別株へのエクスポージャーをあまり大きくするよりもポートフォリオに投資するほうが、リスクとリターンが見合います。
(追記)田中慎一さん、「週刊ダイヤモンドでコメントされていた『P/Lは年間打率、B/Sは通算打率』が金言です」とのコメント、よく覚えていて頂きました。ありがとうございます。
確かに、P/Lは年間打率、B/Sは通算打率だと思います。
#インテグリティ
(原文)森 暁彦さんのとても分かりやすくかつ奥の深い記事です。ビジネスパーソン必読です。最後に、結局、経営者だというところの賛同します。
この連載について
2019年も決算発表の集中期間が終わった。企業決算の経済ニュースを読んで、独特な専門用語にとまどったことはないだろうか。決算書を読むには、会計や簿記などファイナンスの知識が必要だが、実はそこまで難しいものではない。ファイナンスの知識が少しでもあれば、決算書や経済ニュースはさらに深く理解できるようになる。さぁ、今年こそ「ファイナンス脳」を鍛えよう。